【台湾】中国共産党スパイ行為に重罰適用 刑法改正案、立法院が可決 改正は1935年の制定以来、初めて[05/08] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【台湾】中国共産党スパイ行為に重罰適用 刑法改正案、立法院が可決 改正は1935年の制定以来、初めて[05/08]

【台湾】中国共産党スパイ行為に重罰適用 刑法改正案、立法院が可決 改正は1935年の制定以来、初めて[05/08] (1)

  1. 全部見る(東アジアnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 中国共産党スパイ行為
  3. 刑法改正案
  4. 制定以来

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
マカダミア ★(発起人)

中央社フォーカス台湾

(台北 8日 中央社)立法院(国会)は7日、中国共産党やその派遣者によるスパイ行為に、より重い罰則を科す刑法改正案を可決した。スパイ行為などについて定める「外患罪」の適用範囲に関し、「大陸地区、香港、マカオ、域外の敵対勢力、またはそれらが派遣した者」と明記した条文が新設された。同法の外患罪に関する改正は1935年の制定以来、初めて。

改正案は与党・民進党の王定宇立法委員(国会議員)らが提出。王立法委員は、現行法では「中華人民共和国」を台湾の「大陸地区」としているため、外患罪に関する条文にある「外国」や「敵国」に当たらず、中国共産党のスパイ行為について厳重に処罰されない問題があったと説明した。今回の改正により、大陸地区や香港、マカオなどの人が、域外の敵対勢力と通謀し、中華民国と開戦させる意図を持ってスパイ行為を働いた場合も、最高で死刑または無期懲役が科されるようになる。

両岸(台湾と中国)間の交流のあり方を定めた「両岸人民関係条例」では、政府からの委託なしに中国と取り決めを交わした者に対し20万台湾元(約72万円)以上200万元(約716万円)以下の過料、重犯や累犯には5年以下の懲役や50万元(約179万円)以下の罰金を科すとされている。

王立法委員はこれについて、処罰が軽すぎると指摘。改正後は、「中華民国に損害を与えた者」と認められれば、無期もしくは7年以上の懲役が科されることになる。

王立法委員は、中国の武力による威嚇や中国勢力の浸透に立ち向かう上で、同法の改正は国家の安全と人々の民主主義や自由を守るのに役立つとの考えを示した。

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201905080003.aspx

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【台湾】中国共産党スパイ行為に重罰適用 刑法改正案、立法院が可決 改正は1935年の制定以来、初めて[05/08]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1557319166
現在注目の話題5選 東アジアnews+
  1. 2685.34 【韓国】ウォンドル 1194.82 (1002)
  2. 2197.53 【韓国】日本からキムチ作りを学びに来ました[05/20] (202)
  3. 1921.02 【韓国】 KOSPIを離れた外国人投資家、為替レート1200ウォン超えれば帰ってくる?[05/20] ★2 (1002)
  4. 1662.72 【韓国政府】仲裁委設置の要請無視か…徴用工訴訟 今回日本の要請に応じなくても批判をかわせるとみている模様[5/20] (1002)
  5. 1587.82 【韓国】 KOSPIを離れた外国人投資家、為替レート1200ウォン超えれば帰ってくる?[05/20] (1002)