【朝日新聞】日本外交、トランプ化? 捕鯨再開や対韓輸出制限で米紙[7/3] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【朝日新聞】日本外交、トランプ化? 捕鯨再開や対韓輸出制限で米紙[7/3]

【朝日新聞】日本外交、トランプ化? 捕鯨再開や対韓輸出制限で米紙[7/3] (1)

  1. 全部見る(東アジアnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 対韓輸出制限で米紙
  3. トランプ化
  4. 日本外交

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん(発起人)

朝日新聞デジタル

トランプが日本へ、そして日本はトランプへ――。米経済紙、ウォールストリート・ジャーナルが2日、そんなタイトルのコラムを掲載した。

筆者は、米外交に詳しい米バード大学のウォルター・ラッセル・ミード教授。トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と電撃会談したことに触れ、「多くの人々はこうした即興的、一方的な外交が国際政治から消えてほしいと願っている」と批判。その上で「日本の二つの動きは、国際政治のトランプ化が続くかもしれないと示唆している」と指摘した。

 ミード教授が言及したのは、31年ぶりの商業捕鯨再開と、韓国に対する半導体関連の輸出制限措置。「日本のナショナリストらにとって、欧米の文化帝国主義の象徴である国際捕鯨委員会(IWC)に刃向かうことは国家としてのプライドを主張する手段だ」「政治と貿易をない交ぜにする決断は、国家戦略における劇的な変化だ。トランプ流としか言いようがない」などとした。

 日本を「ルールに基づく多国間主義的なシステムの最も信頼できる支持者だった」と表現したミード教授。その日本の外交姿勢が変わりつつあることは「トランプ時代が一過性のものではなく、(世界の)変遷期となっていることを示している」と指摘した。(ニューヨーク=藤原学思)

https://www.asahi.com/articles/ASM734WC7M73UHBI01B.html
朝日新聞デジタル 2019年7月3日19時42分

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【朝日新聞】日本外交、トランプ化? 捕鯨再開や対韓輸出制限で米紙[7/3]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562160924
現在注目の話題5選 東アジアnews+
  1. 16928.59 【国際】日本政府関係者「今回の半導体材料よりもっと厳しい制裁は沢山あり、いつでも次を出せる」 (1002)
  2. 15188.21 【韓国必死】政府関係者「調停の可能性は開かれている。すべての提案をテーブルに上げることができる」 (1002)
  3. 12019.91 【韓国ド必死】政府関係者「調停の可能性は開かれている。すべての提案をテーブルに上げることができる」★2 (218)
  4. 8469.26 【ホワイト国除外】 韓国政府高官が日本に警告 「とてつもなく多くの問題、引き起こす」 (1002)
  5. 8301.16 【日本の輸出規制】 韓国政府関係者 「アップル、アマゾン、デル、ソニーなどの企業だけでなく、世界の数十億人の消費者に否定的影響」 (1002)