【ムンジェノサイド】韓国政府、今年は1.1兆円の少子化対策 → 今年の出産率、0.89に転落へ - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【ムンジェノサイド】韓国政府、今年は1.1兆円の少子化対策 → 今年の出産率、0.89に転落へ

【ムンジェノサイド】韓国政府、今年は1.1兆円の少子化対策 → 今年の出産率、0.89に転落へ (1)

  1. 全部見る(東アジアnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. ムンジェノサイド
  3. 少子化対策
  4. 韓国政府

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
動物園φ ★(発起人)

Chosun Onlin

1.05→0.98→0.89…出産率が自由落下

 今年の合計特殊出生率が0.89-0.90程度にとどまる見通しとなった。昨年0.98となり初めて1を割り込んだ出生率が、今年は0.9をも下回りそうだ。韓国における合計特殊出生率は徐々に低下し、少子化の悪循環に落ち込んでいる。2016年に1.17人、17年1.05人、昨年の0.98人に続き、今年は0.9も割り込むというのだ。合計特殊出生率とは15-49歳の女性が生涯に生む子供の数のことを言う。

 統計庁が30日に発表した内容によると、今年に入って5月までの時点で生まれた新生児の数は、昨年の同じ期間に比べて7.6%(1万1100人)減少した。

 統計庁人口動向課のキム・ジン課長は「新生児の数は5月にも大幅に減少し、今年の新生児数は昨年よりもさらに減ると予想されている」とコメントした。

 今回の出生統計に基づき、今年の人口を暫定的に推計した漢陽大学のイ・サムシク教授は「新生児数は29万8200人から30万1740人の間、合計特殊出生率は0.89-0.90程度になるだろう」と予想した。

 統計庁は今年初めに発表した人口見通しで、今年の新生児数を32万5000人、合計特殊出生率を0.94と予想したが、出生率の下落は政府の予想以上に早まっているようだ。児童手当の拡大など、今年は12兆ウォン(約1兆1000億円)の少子化対策が行われているが、その効果が出ていないことになる。新生児数が急速に減少している背景には、景気の悪化による若年層の就職難が深刻化し、8年連続で結婚件数が減少していることが大きな原因とみられる。

金東燮(キム・ドンソプ)保健福祉専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/31/2019073180027.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【ムンジェノサイド】韓国政府、今年は1.1兆円の少子化対策 → 今年の出産率、0.89に転落へ
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1564542032
現在注目の話題5選 東アジアnews+
  1. 14347.5 【ろうそく集会】 韓国人 「韓国を植民地支配した加害者が、何を居直っているのか」 (1002)
  2. 13339.25 【韓国】「今度は長引く」・・・今回の日本不買運動が過去とは異なる8つの理由[08/25] (459)
  3. 10662.99 【南北】 「後悔しても手遅れ」北朝鮮、韓国政府に警告 [08/25] (1002)
  4. 7384.24 【日韓関係悪化】大阪 韓国食材店の韓国人「仲よくして。今がいちばん酷い。日本人の客の数がこの1か月ほどで半分くらいになっている」 (1002)
  5. 5800.52 【韓国】 ソウルで文大統領の退陣求め数万人集会  GSOMIA破棄を批判 (1002)