森友問題追求の菅野完という“ジャーナリスト”につきまとううさん臭さ こんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

森友問題追求の菅野完という“ジャーナリスト”につきまとううさん臭さ こんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う

森友問題追求の菅野完という“ジャーナリスト”につきまとううさん臭さ こんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う (1)

  1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. ジャーナリスト
  3. 森友問題追求
  4. テレビ局

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
サンキュー! ★(発起人)

産経WEST

森友問題での籠池夫妻への取り入りぶり、入手した情報で、あたかも自分がマスコミを操っているかのような思い上がりぶり、
菅野完という“ジャーナリスト”にはうさん臭さがつきまとう。

 かつて「性的暴行」事件を起こして女性に訴えられ、敗訴の前歴も。
 その菅野完氏の〈衝撃の過去〉を『週刊現代』(8/11)がスクープ。
 「菅野完氏 米警察が女性暴行で逮捕状 いまも『国外逃亡中』の身だった!」

 21年前、米国留学中、ガールフレンドを電話機で殴ったりなどして逮捕され、
裁判で〈罰金650ドルなどの支払い命令と、12ヵ月の保護観察処分〉。
 が、この判決日の直前、菅野氏は〈「第2の犯行」〉を引き起こした。〈罪名は「家族や同居人への傷害罪」。
〈菅野氏はすぐさま保証業者に立て替えさせて2500ドルの保釈金を納めた〉。
ところが〈保釈中に逃亡し〉日本に帰国。“ジャーナリスト”として活動を始めたというわけだ。

テキサス州ベル郡当局の見解。

 〈「公判期日に出廷しなかった以上、逮捕状はいまも有効です。再逮捕されないかぎり、アクティブ(有効)のままです」〉
 『現代』の取材に菅野氏は〈「全て事実」〉と認めている。
 菅野氏の籠池夫妻への取り入りぶりについては発売中の月刊『Hanada』9月号で、籠池氏の長男が詳細に証言している

 それにしてもこんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う

 『週刊文春』(8月9日号)の「杉田水脈衆院議員に『育児丸投げ』『不倫』騒動を糺(ただ)す」は典型的な
“水に落ちた犬は叩(たた)け”記事。
「育児丸投げ」といったって娘が中・高校時代、政治活動が忙しく祖父母に面倒見てもらっていた、というだけの話。「不倫」も噂話の域を出ない。

 最近、読み物に力を入れている『週刊新潮』(8月9日号)、小林信也さん(スポーツライター)の
「監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語」が、感動的。

http://www.sankei.com/premium/news/180805/prm1808050010-n2.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
森友問題追求の菅野完という“ジャーナリスト”につきまとううさん臭さ こんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1533432552
現在注目の話題5選 政治ニュース+
  1. 4.79 【森友事件】森友文書5849ページが開示 ★3 (1002)
  2. 3.44 【山口敬之/準強姦揉み消し問題】伊藤詩織さんと元TBS記者山口敬之氏が法廷で意見陳述。民事裁判が結審し、判決へ。★2 (730)
  3. 2.04 【安倍首相】今ごろ非常災害対策本部の設置を表明 (481)
  4. 1.31 【リテラ】菅官房長官が“山口敬之氏への資金援助”を企業に要請の報道が! 詩織さん事件で逮捕を止めた警察官僚も菅の右腕だったが… (433)
  5. 0.13 【身の丈発言】萩生田文科相 英語試験の実施延期の方針を明らかに (29)