【文春砲】片山さつきにまたまた新疑惑発覚「消えた血税200万円」 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【文春砲】片山さつきにまたまた新疑惑発覚「消えた血税200万円」

【文春砲】片山さつきにまたまた新疑惑発覚「消えた血税200万円」 (1)

  1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 新疑惑発覚
  3. 文春砲
  4. 万円

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
クロ ★(発起人)

週刊文春WEB 「週刊文

「国税100万円口利き疑惑」の報道後、連日のように政治資金に関する疑惑が報じられる片山さつき地方創生担当大臣(59)。現在まで、問題を指摘された政治資金は約500万円に上り、政治資金収支報告書の訂正を余儀なくされている。

 そんな片山氏に政治資金に関わる新たな疑惑が、浮上した。

 片山氏が代表を務める「自由民主党東京都参議院比例区第25支部」(以下、25支部)の政党交付金の「使途等報告書」によると、2016年の参院選の前後に、488万円の政党交付金が片山氏個人に対し、選挙関係費として支出されている。

ところが「25支部」の政治資金収支報告書では、選挙関係費は288万円分しか計上されていない。200万円の金が消えているのだ。政党交付金は、国民の税金が原資となっており、その使途に説明責任が伴うのは言うまでもない。

 片山事務所に事実確認を求めると、「弘中事務所に聞いてください」の一点張り。片山氏の代理人である弘中惇一郎弁護士は、「週刊文春」の取材に文書でこう回答した。

「ご質問の件は、必要があれば国会やマスコミなどを通じて説明いたします。貴誌への対応は控えさせていただきます」

 政治資金に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授は、こう指摘する。 

「収支報告書の金額が数百万円も食い違うのは、通常の会計処理では考えられない。今後訂正しても、その内容が真実なのか疑われます。今回のケースでは、仮に政党交付金の使途等報告書を訂正していなかっただけだとしても、政党助成法44条の虚偽記載に抵触する可能性があります」

 今回の200万円を訂正すれば、累計の訂正額は700万円を超えることになる。片山事務所の金銭管理のずさんさを問う声が高まりそうだ。

 11月8日(木)発売の「週刊文春」では、「消えた血税200万円」疑惑の他、元秘書南村博二氏が支援者に配っていた「秘書名刺」、そして片山氏と南村氏の新たな音声内容を公開している。

文春オンライン
2018年11月15日号
http://bunshun.jp/articles/-/9580

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【文春砲】片山さつきにまたまた新疑惑発覚「消えた血税200万円」
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1541574375
現在注目の話題5選 政治ニュース+
  1. 4.95 【森友事件】森友文書5849ページが開示 ★3 (1002)
  2. 3.54 【山口敬之/準強姦揉み消し問題】伊藤詩織さんと元TBS記者山口敬之氏が法廷で意見陳述。民事裁判が結審し、判決へ。★2 (730)
  3. 2 【パヨクの同胞】「朝鮮人に生まれたことが罪なのか?」 日本の朝鮮幼稚園の幼保無償化除外に北朝鮮人民が差別だと発狂 (423)
  4. 1.34 【リテラ】菅官房長官が“山口敬之氏への資金援助”を企業に要請の報道が! 詩織さん事件で逮捕を止めた警察官僚も菅の右腕だったが… (433)
  5. 0.14 【身の丈発言】萩生田文科相 英語試験の実施延期の方針を明らかに (29)