【辺野古土砂投入】辺野古・大浦湾5806種の生物確認 うち262種が絶滅危惧種 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【辺野古土砂投入】辺野古・大浦湾5806種の生物確認 うち262種が絶滅危惧種

【辺野古土砂投入】辺野古・大浦湾5806種の生物確認 うち262種が絶滅危惧種 (1)

  1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 辺野古土砂投入
  3. 辺野古・大浦湾
  4. 絶滅危惧種

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
クロ ★(発起人)

毎日新聞

 政府が米軍普天間飛行場の移設のために約160ヘクタールを埋め立てようとしている名護市辺野古・大浦湾の海には、多種多様なサンゴや国の天然記念物のジュゴンなどの絶滅危惧種を含む多様な生物が生息している。土砂の投入によって豊かな自然環境が失われ、生態系に大きな影響を及ぼすことが懸念される。

 沖縄本島東海岸にある辺野古沿岸部は、これまで周囲で大規模な開発もなく、手つかずの自然が残る。現場海域での防衛省の調査では、5806種の生物が確認され、うち262種が絶滅危惧種だった。新種の発見も相次いでいる。県によると、生物の種類は世界自然遺産に登録された屋久島(鹿児島県、約4600種)や小笠原諸島(東京都、約4400種)よりも多い。

 既に護岸で囲われた米軍キャンプ・シュワブ南側の海域は水深の浅いリーフ(サンゴ礁)で、沖縄本島周辺で最大規模の海草藻場が広がる。ジュゴンやウミガメの貴重な餌場となるほか、海草の間や砂地に多くの生物が暮らしている。シュワブ東側の大浦湾にはハマサンゴやアオサンゴなどの群集が複数ある。

 防衛省は埋め立て予定海域内にある希少なサンゴを他の地域に移植する計画だが、海域外のサンゴの生息にも潮流の変化などが影響を及ぼす可能性がある。海域での調査を続ける日本自然保護協会の安部真理子さん(52)は「護岸工事だけでも生物には十分な脅威だが、回収が困難な土砂の投入は自然環境に不可逆的な影響をもたらす。埋め立てが進めば地形が一変し、生態系が損なわれ、辺野古の海は多様性を失う」と警鐘を鳴らす。【遠藤孝康、宮城裕也】

毎日新聞
2018年12月14日 12時32分
https://mainichi.jp/articles/20181214/k00/00m/040/084000c

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【辺野古土砂投入】辺野古・大浦湾5806種の生物確認 うち262種が絶滅危惧種
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1544760866
現在注目の話題5選 政治ニュース+
  1. 4.81 【森友事件】森友文書5849ページが開示 ★3 (1002)
  2. 3.45 【山口敬之/準強姦揉み消し問題】伊藤詩織さんと元TBS記者山口敬之氏が法廷で意見陳述。民事裁判が結審し、判決へ。★2 (730)
  3. 2.05 【安倍首相】今ごろ非常災害対策本部の設置を表明 (481)
  4. 1.32 【リテラ】菅官房長官が“山口敬之氏への資金援助”を企業に要請の報道が! 詩織さん事件で逮捕を止めた警察官僚も菅の右腕だったが… (433)
  5. 0.13 【身の丈発言】萩生田文科相 英語試験の実施延期の方針を明らかに (29)