【勤労統計不正】「アベノミクス賃金増の偽装では」野党が疑念 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【勤労統計不正】「アベノミクス賃金増の偽装では」野党が疑念

【勤労統計不正】「アベノミクス賃金増の偽装では」野党が疑念 (1)

  1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. アベノミクス賃金増
  3. 勤労統計不正
  4. 偽装

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
クロ ★(発起人)

朝日新聞デジタル

 昨年末に発覚した「毎月勤労統計」の不正調査問題は、雇用保険などの過少支給が延べ2千万人を超す事態に発展した。政府が2019年度予算案の異例の閣議決定し直しに追い込まれるなど、影響も広がる。15年も放置されてきた不正の経緯にはまだ分からない点が多いが、厚生労働省の組織的な関与や隠蔽(いんぺい)の疑いが徐々に濃くなりつつある。24日の閉会中審査で焦点となりそうだ。

 問題の発端は、厚労省が2004年1月から調査手法を勝手に変えたことだ。

 この統計は賃金の動向などを毎月調べて発表するもので、政府の「基幹統計」の一つ。実務は都道府県が担っている。従業員500人以上の事業所はすべて調べるルールで、調査手法を変更するには総務相の承認が必要だ。ところが東京都分の約1400事業所のうち、無断で約3分の1を抽出して調べ始めた。

 全数調査の対象の大規模な事業所は全国に5千以上あり、その約3割が東京に集中する。厚労省はきっかけを「調査中」とするが、関係者によると、ある厚労省の職員は「実務を担う東京都から抽出調査の要望があった」と話しているという。一方、小池百合子都知事は会見で「都から国に(調査方法を)変えてくださいといった文書などはない」と話した。

 03年に作成された調査のマニュアル「事務取扱要領」にはすでに、「規模500人以上事業所は東京に集中しており、全数調査にしなくても精度が確保できる」と、不正を容認する記述があった。周到に準備していた様子がうかがえる。

     ◇

 組織的な関与や不正の隠蔽を疑わせる不可解な動きが15年以降に相次いでいたことも、明らかになってきている。

 まず、不正を容認する記述が、…

有料記事

朝日新聞
2019年1月21日5時0分
https://www.asahi.com/articles/ASM1N46XHM1NULFA005.html
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190120002393_comm.jpg

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【勤労統計不正】「アベノミクス賃金増の偽装では」野党が疑念
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1548024157
現在注目の話題5選 政治ニュース+
  1. 4.83 【森友事件】森友文書5849ページが開示 ★3 (1002)
  2. 3.46 【山口敬之/準強姦揉み消し問題】伊藤詩織さんと元TBS記者山口敬之氏が法廷で意見陳述。民事裁判が結審し、判決へ。★2 (730)
  3. 2.05 【安倍首相】今ごろ非常災害対策本部の設置を表明 (481)
  4. 1.32 【リテラ】菅官房長官が“山口敬之氏への資金援助”を企業に要請の報道が! 詩織さん事件で逮捕を止めた警察官僚も菅の右腕だったが… (433)
  5. 0.13 【身の丈発言】萩生田文科相 英語試験の実施延期の方針を明らかに (29)