【金融】地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【金融】地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も

【金融】地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 収益モデル崩
  3. 地方銀行
  4. 日銀

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
田杉山脈 ★(発起人)

朝日新聞デジタル

地方銀行の経営が厳しさを増している。全国の地銀の2019年3月期決算を朝日新聞が集計したところ、最終的なもうけを示す純利益が全体の7割で減っていた。人口減で資金需要が先細るうえ、アベノミクスによる超低金利政策で金利収入は減少の一途。経営改善のため、支店の削減や手数料値上げなど、利用者へのしわ寄せも広がる。

地銀、生き残りの道は? コンコルディアFG社長に聞く
 全国の地銀のうち、19日までに決算が未発表の但馬銀行(兵庫)を除き、102行分を集計した。最終的なもうけを示す純利益(単体)は、7割の72行が減益・赤字転落。一般企業の売上高にあたる経常収益(同)は全体の6割が減っていた。赤字は、不動産向け融資の不正があったスルガ銀行(静岡)と第二地銀の大正銀行(大阪)だった。

 第一地銀(63行)と比べ、規模の小さな第二地銀(39行)は減益企業の比率が高い。地域別では、甲信越(新潟・山梨・長野)は6行中5行、四国4県は8行中7行がそれぞれ減益になった。一方で、観光や建設関連の産業が堅調な沖縄は3行中2行が増益だった。

 多くの地銀に共通するのは、高齢化で預金が積み上がる一方で、人口や企業が減って成長見込みのある貸出先が少ない苦境だ。アベノミクスによる異次元の金融緩和で超低金利政策が続き、追い打ちをかける。金利収入は減少の一途で、地銀が取引先に貸す際の金利は1%を切る。

 「名古屋金利」とも呼ばれ、低金利競争が激しい東海地方に至っては「金利ゼロで貸す地銀もある」(地銀関係者)ほど。お金を貸して利息を受け取る銀行の収益モデルが、成り立ちにくくなっている。

 地銀からは日本銀行への恨み節も聞こえる。西日本フィナンシャルホールディングス(福岡)の谷川浩道社長は「当初は短期間ということで(16年から)マイナス金利政策が導入されたが、時間が経ち、金融機関の多くはへたりこんでいる」と嘆く。日銀は少なくとも20年春ごろまで超低金利を続ける構えで、地銀には「冬の時代」が続く。

 地域の資金需要が減るなか、新…
https://www.asahi.com/articles/ASM5L04SQM5KULFA05J.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【金融】地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1558312473
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 994.83 【雇用】派遣社員、3年勤務なら時給3割上げ 厚労省が指針 (146)
  2. 773.08 【企業】サムスン、日本製以外のフッ化水素を試験 代替にらむ (1002)
  3. 474.98 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 (516)
  4. 274.06 【IT】アスクル、ヤフーに資本提携解消を申し入れ (126)
  5. 192.09 【自動車】日産 スカイライン 新型|インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力 (269)