【飲食】日本人がスタバにハマりつづける根本理由 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【飲食】日本人がスタバにハマりつづける根本理由

【飲食】日本人がスタバにハマりつづける根本理由 (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 根本理由
  3. スタバ
  4. 日本人

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
田杉山脈 ★(発起人)

president.jp

コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、ますます好調だ。今年2月に開いた東京・中目黒の新店は、6~7時間待ちの大人気。5月からはレトロがテーマの「スタアバックス珈琲」も始めた。スタバの戦略がうまいのか、それとも日本人がスタバを愛しすぎているのか――。

今年に入り打ち出した2つの新プロジェクト
あの「スターバックス」が、新たな“プロジェクト”で攻めている。いずれも好調だ。

例えば、2月28日に東京・中目黒にオープンした「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」(以下「ロースタリー」)は都内の新観光名所となった。桜の名所である目黒川のほとりという立地もあり、満開の季節には入店するまで「6時間以上待ち」だった。

また、5月15日から期間限定で「スタアバックス珈琲」も訴求。こちらは新店舗ではなく、既存店に簡単な看板を掲げ、「プリン アラモード フラペチーノ」などのメニューを取り入れた。レトロな喫茶店の人気メニューであるプリンアラモードに、同社独自のフラペチーノをアレンジしたものだ。これ以外に「ウィンナー珈琲」なども販売した。

「『スタアバックス珈琲』は、平成から令和に元号が変わる時に、長く愛された良いものを振り返りたい。日本の若者にレトロを楽しむブームが来ているのもあり『Brand New Retro』というテーマを掲げました。古くからの文化に敬意を払いながら、新たなものに生まれ変わらせ、未来に伝えたい思いも込めたのです。SNSなどネットでの反応も良く、売れ行きも好調でした」(スターバックス コーヒー ジャパン・広報担当)

なぜ日本人は、ここまでスタバが好きなのか? 取材結果も踏まえて分析してみたい。

中目黒の新店はまるでテーマパーク
筆者は、著書『日本カフェ興亡記』(2009年、日本経済新聞出版社刊)の取材開始時から、スターバックスを見てきた。同書で紹介した当時の店舗数は841店(2009年2月末時点)で、首位の「ドトールコーヒーショップ」の1138店(2008年8月末時点)に次ぐ2位だったが、店舗数は約300店、ドトールより少なかった。

それが現在「スタバ」の国内店舗数は1434店(2019年3月末現在)もあり、2位の「ドトール」(1111店。2019年4月末現在)を、逆に300店以上も引き離す。船でいえば巨大艦隊だが、悠然と進むのではなく、さまざまなチャレンジをするのが興味深い。

長年見てきて感じるのは、「上から目線」と「横から目線」の使い分けだ。

例えば「ロースタリー」は存在感を含めて「上から目線」だ。2014年、米国・シアトルに同業態1号店がオープン。その後、中国・上海、イタリア・ミラノ、米国・ニューヨークに次ぐ5号店として東京に開業した。道路の一角に突き出るようにそびえる建物も壮観で、上空から見ると豪華客船のようだ。

メニューの内容もユニーク。例えば同店にしかない「ゴールデン スカイ ブラックティーラテ」(950円+税。ブラックティーにターメリックやカルダモンでスパイシーな風味をつけたティーラテ)には“黄金のわたあめ”(ターメリックシュガー製)が乗っている。
以下ソース
https://president.jp/articles/-/29068

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【飲食】日本人がスタバにハマりつづける根本理由
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1561703810
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 908.59 【経済】森永卓郎氏 年金削減時代「夫婦13万円」で暮らすにはトカイナカへの移住を (431)
  2. 640.12 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 Part.2 (114)
  3. 295.75 【スマホ】「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ (454)
  4. 293.86 【家電】3万円のトースターが売れる訳 (73)
  5. 235.06 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 (1002)