【株価 7/3】東証大引け 3日ぶり反落、116円安 利益確定売り優勢、商い低調【前日比116円11銭安】 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【株価 7/3】東証大引け 3日ぶり反落、116円安 利益確定売り優勢、商い低調【前日比116円11銭安】

【株価 7/3】東証大引け 3日ぶり反落、116円安 利益確定売り優勢、商い低調【前日比116円11銭安】 (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 利益確定売
  3. 東証大引
  4. 前日比

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
へっぽこ立て子@エリオット ★(発起人)

日経電子版

3日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比116円11銭(0.53%)安の2万1638円16銭で終えた。外国為替市場での対ドルの円相場上昇が国内輸出企業の採算悪化につながると懸念した売りが優勢だった。米中首脳会談後の上昇に息切れ感が意識されるなか、目先の利益を確定する目的の売りも出やすかった。

米国や欧州の金融緩和観測を背景に米長期金利が低下し、外国為替市場では日米金利差の縮小を見込んだ円買い・ドル売りが入った。対ドルの円相場は1ドル=107円台と、主要企業の想定レートより円高水準にある。来週決算発表を控えた安川電や、このところ上昇の目立っていた半導体関連の下げが目立った。午後に入ると一段安となる銘柄が増え、日経平均は下げ幅を拡大する場面があった。

米株式市場は独立記念日の前日にあたる3日が短縮取引、4日は休場となる。一部の海外投資家が株価指数先物に持ち高整理の売りを出して現物株を押し下げた側面もあるようだ。

一部の値がさ株や、円高の悪影響を受けにくい内需株の一角には買いが入り、相場の下値を支えた。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比98.85ポイント(0.70%)安の1万4050.26だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、10.30ポイント(0.65%)安の1579.54で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9222億円と、2日連続で2兆円を下回った。売買高は10億890万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1067と、全体の約5割だった。値上がりは995、変わらずは87銘柄だった。

ファナック、ソフトバンクグループ(SBG)、京セラ、アドテスト、TDK、トヨタが下落した。一方、ファストリ、ユニファミマ、ダイキン、ソニーが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2019/7/3 15:23
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_T00C19A7000000/

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【株価 7/3】東証大引け 3日ぶり反落、116円安 利益確定売り優勢、商い低調【前日比116円11銭安】
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562136284
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 708.03 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 Part.2 (861)
  2. 441.7 【経済】森永卓郎氏 年金削減時代「夫婦13万円」で暮らすにはトカイナカへの移住を (668)
  3. 202.48 【スマホ】「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ (521)
  4. 199.49 【AI】市税徴収をAIで効率化へ、仙台。滞納者を分析し督促 (123)
  5. 156.25 【家電】3万円のトースターが売れる訳 (201)