【EV】メルセデスベンツ初の電動専用車種「EQC」を日本に導入 価格1080万円 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【EV】メルセデスベンツ初の電動専用車種「EQC」を日本に導入 価格1080万円

【EV】メルセデスベンツ初の電動専用車種「EQC」を日本に導入 価格1080万円 (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. メルセデスベンツ初
  3. 電動専用車種
  4. 万円

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
田杉山脈 ★(発起人)

レスポンス(Respon

メルセデス・ベンツ日本は4日、電気駆動SUVの新型車、『EQC』を日本市場で発表した。EQCは、日本におけるメルセデスベンツ初の電気自動車だ。メルセデスベンツが電動専用車種として本格的に市場展開する初の電気自動車でもある。

EQCは電気のみを動力源としており、モーターは最大出力408PS(300kW)、最大トルク765Nmを発生する。航続距離はWLTCモードで400km(欧州仕様での試験結果)だ。充電は、6.0kW(日本における200V・30A充電)までの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

デザインは、メルセデスベンツで電気自動車固有のデザインを採用した初のモデルとなり、そのエッセンスは今後と登場する同ブランドの電気自動車にも採用されるという。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)は「EQC400 4MATIC」(右ハンドル)が1080万円、導入記念の特別仕様「EQC Edition 1886」(右ハンドル)が1200万円。「Mercedes-Benz Online Store(メルセデスベンツ・オンラインストア)」では18日午前11時から先着順で、EQC Edition 1886のウェブ商談予約を開始する。納車はEQC Edition 1886は本年10月以降、EQC400 4MATICは2020年春以降になるという。

リース契約満了時に残価の差額清算が不要(走行距離や車両の状態による)なクローズエンドリースを用意した。メンテナンスについては5年間、10万kmまでの一般保証と無償プログラムの「EQケア」を全車標準設定し、高電圧バッテリーは8年または16万km以内で、サービス工場の診断機により高電圧バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合の保証を付帯する。

さらに、 全国約2万1000基ある充電器利用料および月額基本料を1年間無料とし、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、ウォールユニット無償提供を希望すれば、設置費用について10万円をサポートする。
https://response.jp/imgs/thumb_h2/1432561.jpg
https://response.jp/imgs/zoom1/1432569.jpg
https://response.jp/article/2019/07/04/324083.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【EV】メルセデスベンツ初の電動専用車種「EQC」を日本に導入 価格1080万円
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562222162
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 699.09 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 Part.2 (862)
  2. 436.8 【経済】森永卓郎氏 年金削減時代「夫婦13万円」で暮らすにはトカイナカへの移住を (668)
  3. 201.54 【スマホ】「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ (522)
  4. 194.15 【AI】市税徴収をAIで効率化へ、仙台。滞納者を分析し督促 (123)
  5. 154.22 【家電】3万円のトースターが売れる訳 (201)