【スマートフォン】「1カ月分が1週間で売れた」 モトローラの「moto g7」シリーズが好調の理由 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【スマートフォン】「1カ月分が1週間で売れた」 モトローラの「moto g7」シリーズが好調の理由

【スマートフォン】「1カ月分が1週間で売れた」 モトローラの「moto g7」シリーズが好調の理由 (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. スマートフォン
  3. モトローラ
  4. 週間で売

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
へっぽこ立て子@エリオット ★(発起人)

IT総合情報ポータル「I

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、6月7日に「moto g7」とその派生モデルの「moto g7 power」「moto g7 Plus」の3機種を発売した。gシリーズは、同社の主力ともいえるミドルレンジモデルで、moto g7を中心に、moto g7 powerはバッテリーを、moto g7 plusはプロセッサやカメラなど、全体的なスペックを強化したスマートフォンだ。

→モトローラがSIMフリースマホ「moto g7」シリーズ3機種を発表 6月7日発売
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1905/30/news132.html

https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1907/08/l_st52693_motoint-01.jpg
左から「moto g7」(セサミックブラック、クリアホワイト)、「moto g7 plus」(ディープインディゴ、ビバレッド)、「moto g7 power」(セサミックブラック)。Web直販「Motoストア」での価格はg7 powerが2万5800円、g7が3万800円、g7 plusが3万8800円(いずれも税別)。

 この端末の投入に合わせ、モトローラはSIMフリー市場での存在感を高めていく方針だ。これまで、同社のシェアは、SIMロックフリースマホメーカーの中で2%程度だったが、MVNOでの取り扱いを増やし、エンタープライズ市場に力を入れていくという。では、moto g7シリーズは発売以降、ユーザーからどう評価されたのか。同社の現状と今後を、ダニー・アダモポウロス社長に聞いた。

□特によく売れたのが「moto g7 plus」
―― まずは、moto g7シリーズの売れ行きについてうかがえればと思います。発売後の手応えはいかがでしたか。

アダモポウロス氏 エクセレント! とてもいいですね。1カ月分(と予想していた量)が1週間で売れていきました。売り切れにならないよう、何とか在庫を確保しているところです。サプライズだったのが、より売れたのがmoto g7 plusだったことです。moto g7 plusはビバレッドとディープインディゴの2色を出しました。日本で顕著だった傾向としては、両カラーが五分五分だったことです。われわれとしては、インディゴが7、レッドが3になると踏んでいました。

https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1907/08/l_st52693_motoint-02.jpg
ダニー・アダモポウロス社長
https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1907/08/l_st52693_motoint-06.jpg
特に売れているというmoto g7 plus

―― 高いものから売れていると思いますが、これは日本市場特有の傾向なのでしょうか。

アダモポウロス氏 他の国では、一般的に、3機種出すと一番安いものがボリュームゾーンになりますが、その意味で日本は特殊です。moto g7 powerも売れ始めてはいますが、予約して買っていただいたお客さまの比率が高いのは、やはりmoto g7 plusですね。moto g7 powerが売れ始めたのは、MVNOが販売を開始したことも影響しているとみています。

―― 予約してまで買うユーザーは、確かにスペックに対する要求は高そうです。

アダモポウロス氏 moto g7 powerの販売数が増えていますが、だからといって、moto g7 plusのペースがスローダウンしたわけではありません。これは「moto g6」のときもそうでしたが、初期に購入される方は、ハイスペックなものを選ぶ傾向があります。

―― これまで、比較的幅広く端末を出されてきましたが、SIMフリースマートフォン市場で2%のシェアという数値は、まだまだ規模が小さいように思えます。今後、この数値は上がっていくのでしょうか。

アダモポウロス氏 2%は昨年(2018年)1年間でのアベレージ(平均)ですが、今は徐々に上がってきています。MVNO、家電量販店、Amazonなどでも最近になって数値は上がってきていて、手応えを感じているところです。具体的な数値は言えませんが、GfKでの数字も、確実に上がってきています。

―― 今回、moto g7シリーズが伸びた理由はどこにあると見ていますか。

アダモポウロス氏 もともと2万円から4万円までの価格帯で、昨年よりいいものを出しているからです。コスト面もそうですし、スペックや、スペックでは表せないバリュー、品質もあります。同じ価格帯で底上げしてきたことが効いています。実は、スペック表以外のところで語っているメーカーは、そこまで多くありません。

>>2 へ続く

2019年07月08日 11時04分 公開
ITmedia Mobile
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1907/08/news075.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【スマートフォン】「1カ月分が1週間で売れた」 モトローラの「moto g7」シリーズが好調の理由
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562564590
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 609.55 【地域】やっぱり若者は東京へ。日本の人口政策が大失敗している論理矛盾 (1002)
  2. 407.78 【不動産】2022年、タワマンの「大量廃墟化」が始まることをご存じですか (994)
  3. 393.91 【IT】技術者に迫る「45歳の崖」、なぜ学ぼうとせず転職もしないのか (191)
  4. 373.52 【AI】ロボ兵器の攻撃、AIでの判断は禁止 国際ルール採択へ (153)
  5. 360.57 【航空】エアソウル、「大特価の奇襲」セール 日本7路線が片道1,000円から (129)