【業績】吉野家HDの3~5月期最終、10億円の黒字に転換 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【業績】吉野家HDの3~5月期最終、10億円の黒字に転換

【業績】吉野家HDの3~5月期最終、10億円の黒字に転換 (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 月期最終
  3. 吉野家
  4. 転換

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
へっぽこ立て子@エリオット ★(発起人)

日経電子版

吉野家ホールディングスが9日発表した2019年3~5月期の連結決算は、最終損益が10億円の黒字(前年同期は3億8800万円の赤字)だった。牛丼店「吉野家」で牛丼の新サイズ「超特盛」がヒット。既存店売上高が好調で、人件費や材料費などの高騰を吸収した。

売上高は前年同期比6%増の527億円だった。吉野家は3月に超特盛と「小盛」の販売を開始。超特盛は「並盛」より税込み価格で400円高い780円だが、発売後1カ月で100万食を超え、その後も好調を維持しているという。5月に発売した「ライザップ牛サラダ」も堅調だった。

うどん店「はなまる」との共通割引クーポンの配布なども客数の増加に寄与した。3~5月期の既存店売上高は6.1%増加。客数は0.3%増で、客単価が5.8%増と大きく伸びた。

はなまるや、すし店を展開する「京樽」も既存店売上高が堅調で増収だった。海外事業の売上高も出店の増加で伸びた。

営業損益は10億円の黒字(前年同期は1億7800万円の赤字)だった。米の価格や人件費が上昇したが、増収効果で補った。売上高に占める原価の割合は0.9ポイント下がり、人件費や広告費を含む販管費の割合も1.4ポイント下がった。

直近の19年2月期は6年ぶりの最終赤字だった。人件費上昇が重荷となり、販売増では吸収しきれなかったほか、不採算店舗の減損損失を計上したことも響いた。四半期ごとにみると、19年3~5月期は6四半期ぶりに最終損益が黒字となり、回復の兆しが見えた形だ。

20年2月期通期の連結業績は従来予想を据え置いた。最終損益は1億円の黒字(前期は60億円の赤字)、売上高は3%増の2080億円を見込んでいる。

2019/7/9 20:00
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47146060Z00C19A7TJ2000/

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【業績】吉野家HDの3~5月期最終、10億円の黒字に転換
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562671282
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 926.03 【経済】森永卓郎氏 年金削減時代「夫婦13万円」で暮らすにはトカイナカへの移住を (431)
  2. 626.64 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 Part.2 (106)
  3. 304.83 【家電】3万円のトースターが売れる訳 (73)
  4. 297.48 【スマホ】「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ (454)
  5. 235.55 【経済理論】MMT提唱者、ケルトン教授「金融政策より財政政策」 (1002)