【為替相場】焦点:円に瞬間急騰リスク、真夏の逢魔時に警戒 5月と異なるポジション - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【為替相場】焦点:円に瞬間急騰リスク、真夏の逢魔時に警戒 5月と異なるポジション

【為替相場】焦点:円に瞬間急騰リスク、真夏の逢魔時に警戒 5月と異なるポジション (1)

  1. 全部見る(ビジネスnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 瞬間急騰リスク
  3. ポジション
  4. 為替相場

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
へっぽこ立て子@エリオット ★(発起人)

ロイター

[東京 9日 ロイター] - 金融市場が急変する「フラッシュ・クラッシュ」が、再び円相場で発生する可能性を懸念する声が出ている。日本の個人投資家が大きな円売りポジションを抱えたまま夏休みシーズンを迎えると、薄商いを好機と見た海外投機筋が、個人のストップロスを狙った円買いを仕掛けてくるのではないか、とのシナリオだ。

そうした動きが発生しやすいのは、市場の取引量が急減する米国時間の夕方から、日本時間の朝にかけて。昔から、薄暗くなる時間帯は「逢魔時(おうまがどき)」と呼ばれ、妖怪や魔物に遭遇するような不吉な時とされる。しばらく警戒が必要だ。

<夏休み対策のキャリー取引、トランプ砲で早速逆流>

今月1日。ほぼ想定通りだった米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げを終え、参加者が世界的な低金利下の夏枯れ対策として、金利収入を狙うキャリートレードを検討し始めた矢先だった。トランプ米大統領が、9月から中国製品に追加関税を課すと突然表明。売られ始めていた円に、一転して買いが集中した。

大統領の発言からわずか4営業日後の7日、ドルは105.50円と1月以来の安値を更新した。円キャリー取引に動き始めた向きが早々に損失確定の円買い戻しを迫られたこともあり、FOMC後につけた2カ月ぶり高値からの下げ幅は4円近くに達した。

市場心理を一段と悪化させた中国人民元の急落は、いったん落ち着きつつある。元は16年と18年には回避した1米ドル=7元台へついに下落したものの、その後の下げ幅が意外に限られていることで、市場では「中国は貿易戦争から通貨安戦争へ、戦火を拡大させる意思はないようだ」(外銀幹部)との見方が次第に広がってきた。

全面的な米中対立には至らない、との期待が高まるとともに、ドルは106円台へ小幅ながら値を回復。人民元が7元前半で下げ渋っていることで、円相場は小康を取り戻しつつあるように見える。

>>2 に続く

2019年8月9日 / 14:53
ロイター
https://jp.reuters.com/article/japan-yen-idJPKCN1UZ0F4

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【為替相場】焦点:円に瞬間急騰リスク、真夏の逢魔時に警戒 5月と異なるポジション
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1565332082
現在注目の話題5選 ビジネスnews+
  1. 1070.52 【EV】電気自動車の世界市場予測 2年後にHVなど抜き主力に (394)
  2. 541.44 【決済】西友とサニーで「PayPay」が利用可能に、9月1日から (54)
  3. 474.42 【自動車】ランボルギーニが特別な「アヴェンタドール」と「ウラカン」を発表! 販売台数はそれぞれ63台と36台に限定 (51)
  4. 260.78 【フラッシュメモリ】メモリ不況でも強気なMicron、200層3D NANDも視野に (55)
  5. 259.36 【スマホ】ドコモが「HUAWEI P30 Pro」の予約を21日に再開、9月発売へ 「安心して利用できると判断」 (282)