なぜ再犯してしまうのか 元受刑者「刑務所は犯罪者の養成所」と嘆く - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

なぜ再犯してしまうのか 元受刑者「刑務所は犯罪者の養成所」と嘆く

なぜ再犯してしまうのか 元受刑者「刑務所は犯罪者の養成所」と嘆く (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 元受刑者
  3. 養成所
  4. 犯罪者

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
スバル WRX STI ★ [US](発起人)

wezz-y/archi

警察庁が発表した「平成30年警察白書」によると、2017年の全国の犯罪認知件数は前年よりも8.1%減少の91万5042件だった。2002年の約285万件をピークに15年連続で減少している。これをもって「日本は年々安全な国になっている」と安心を覚える人もいるだろう。

一方で、再犯率は20年連続で上昇している。法務省発表の「平成29年版 犯罪白書」では、2016年度の再犯率は48.7%だった。それによれば初犯者数は著しく減少しているが、再犯者数も僅かに減ってはいるもののほぼ横ばいが続いている。

この「再犯率」について、11月2日の『NEWSな2人』(TBS系)が取り上げた。番組には元受刑者が地域住民と触れ合い、社会復帰のきっかけ作りができるカフェ「マリア・カフェ」(東京都墨田区)で代表を勤める元受刑者の五十嵐弘志さんが登場し、「再犯率の高さは刑務所にも原因がある」と語った。どういうことなのだろうか。

五十嵐さんは元受刑者にとって社会復帰は非常に難しいとし、「僕は今の刑務所って犯罪者の養成所だと思ってます」と、いささか過激なフレーズも用いながら話を展開した。なぜ刑務所が犯罪者の養成所たるのかというと、「社会の常識が刑務所では非常識」だからだと五十嵐さんは言う。たとえば挨拶。「刑務所の工場の担当者が、受刑者全員に『おはよう』って言った時に、『おはようございます』…それだけ」。

また、元受刑者のマキさん(仮名)は、「刑務所の時は全部指示されて動くから、全部指示待ちなんで自分は何も考えなくていいんですよ。(出所してからの)最初の1カ月は混乱しました」と自分で考えて行動することが許されない環境での生活に慣れてしまうと、いざ出所しても社会に上手く迎合できないと苦悩を語った。

犯罪者の更生を長く研究した臨床教育学者の故・岡本茂樹氏は生前、BLOGOSと日本財団が共同開催したイベントで、収監経験を持つ堀江貴文氏と対談。その模様は現在も「現代ビジネス」の記事として読むことができるが、岡本氏は刑務所が更生施設として機能していない理由をこのように語っていた。

<受刑者が一番目標にしていることは「早く外に出たい」。ですから、仮釈をもらうためには、上の者に逆らわず、言われたことに従うことをしているんです。(中略)そこに反省とか、本当に必要な人とつながって社会で働いていくとか、そういうものは全く欠落していくことになるわけですよね>

<刑務所は罰を与えるところとして機能していても、更生するというところでは、自分の気持ちを押し殺したり、人とつながれなかったり、人の顔色を見たり。そういう社会で人とつながって生きていくという側面を奪われています。そういう点では更生する場にはなっていないというのが、本当の実態だと僕は考えています>

現状の刑務所のシステムでは、受刑者に罪の反省を促し、人間性を育むことは難しいのかもしれない。普通に考えて、人間というものは、罰を与えられれば自動的に反省してより良い人間性を獲得できるものだろうか? 受刑者に厳しい罰を与えるだけではむしろ人間性を奪い、成長は見込めないだろう。「更生させる」という目的が蔑ろにされていないか疑問を感じてしまう。

再び『NEWSな2人』に戻ろう。刑務所内では日中、工場で作業をし、出所後の準備金として「作業報奨金」を貯えることができる。在籍期間が長くなれば時給が上がるものの、五十嵐さんは「1番最初の見習い工は1時間5円。3年で一等工になれるんですけど、そこで50円」と言い、出所時に手にする生活資金は微々たるものだ。

マキさんが出所時に受け取ったのは「5年4カ月の期間で10万円ほど」。わずか10万円だけを手に社会に出ることになった。「マンションやアパートを借りるとなると、50、60万円くらいのお金が必要になる。そのお金を出所した段階で持っている人間はほとんどいない」と話し、現在は生活保護を受給しながら生活しているそうだ。

法務省が2007年に発表した「研究部報告37」によると、出所時の満65歳以上の受刑者の所持金は平均10万8600円。古い調査で高齢者を対象した調査ではあるが、マキさんの話を聞くと、出所時の所持金が10万円前後の人は少なくなさそうだ。

所持金が少ないために家を借りられず、家を借りられないために仕事にも就けないという悪循環から、自立することが出来ずに生活保護を受給している人もいるのだろう。こうした状況に「犯罪者のくせに生活保護を貰うのはおかしい」との意見が出ることも予想されるが、社会性を奪われ著しく経済力が低い状態から自立した生活を整えることは、個人の努力だけでは難しいのではないか。二度と犯罪に向かわせないために必要なのは、真っ当な生活を送るための支援だ。

※続きはソースでご覧ください。
https://wezz-y.com/archives/61073

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
なぜ再犯してしまうのか 元受刑者「刑務所は犯罪者の養成所」と嘆く
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1542553994
現在注目の話題5選 社説+
  1. 45.15 流行語になって5年、すっかり根付いた「壁ドン」 2019/02/18 (10)
  2. 42.81 長万部の名物駅弁「かにめし」JR車内販売廃止へ 店頭は継続「原点失うのは寂しい」 2019/02/18 (10)
  3. 37.21 【もんく】春・ノート【雑談も可】 ★23ページ (541)
  4. 30.23 【雑談】ニライカナイφ★が社説+で夢や独り言をつぶやくスレ ★17 (230)
  5. 27.54 まず「まえがき」から 京大首席が実践する興味ない分野の勉強法 (7)