アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発

アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. コスト大幅減
  3. 春山教授開発
  4. アンモニア

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
かよ ★ [CA](発起人)

西日本新聞 : 九州のニ

 肥料の原料として世界中で生産されている水素と窒素の化合物「アンモニア」の新しい合成法を、九州工業大大学院生命体工学研究科(北九州市若松区)の春山哲也教授(54)が開発した。水と空気だけを材料にする簡易的な方法で、化石燃料を使用する従来の製造法に比べて、大幅なコスト低減が見込まれる。環境への負荷も少なく、注目を集めそうだ。

 春山教授によると、世界の人口が増え続ける中、アンモニアは食糧の増産に欠かせない重要な化合物。世界で年間約1億7千万トン生産されている。

 現在の製造はほぼ100%、1913年に実用化された「ハーバー・ボッシュ法」を採用。天然ガスに含まれる水素を高温、高圧で窒素と合成し、アンモニアを生み出す。ただし、大規模な工場が必要で、二酸化炭素(CO2)を排出することにもなる。

 気体と液体の境界で起こる反応を研究している春山教授は、水の表面の水素原子が他の原子と反応しやすい性質に着目。空気に電気を流し、刺激を与えることで、空気中の窒素原子と水の表面の水素原子が結合して水中にアンモニアが溶け出す仕組みだ。
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20190119/201901190002_001.jpg

 筒の中に水と空気を入れて電気を流す反応器を完成させ、アンモニアの合成に実験室レベルで成功。共同研究する国内の企業と世界各国に特許を出願し、オーストラリアと、アフリカ大陸の16カ国が加盟する国際的な特許審査機関「アフリカ知的財産機関」から登録を受けた。

 現在は実用化に向け、実証プラントの建設を計画中。春山教授は「大規模な設備が必要なく、農地にアンモニア製造施設を造ることも可能になる」としている。

アンモニア合成用の反応器を調節する九州工業大大学院の春山哲也教授
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20190119/201901190002_000.jpg

=2019/01/19付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/480360/

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1548088540
現在注目の話題5選 社説+
  1. 38.25 流行語になって5年、すっかり根付いた「壁ドン」 2019/02/18 (10)
  2. 37.11 【もんく】春・ノート【雑談も可】 ★23ページ (541)
  3. 36.56 長万部の名物駅弁「かにめし」JR車内販売廃止へ 店頭は継続「原点失うのは寂しい」 2019/02/18 (10)
  4. 30.33 【雑談】ニライカナイφ★が社説+で夢や独り言をつぶやくスレ ★17 (232)
  5. 27.2 まず「まえがき」から 京大首席が実践する興味ない分野の勉強法 (8)