本日1月30日は石川さゆりの誕生日~アイドルシンガーから演歌歌手の大御所へ - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

本日1月30日は石川さゆりの誕生日~アイドルシンガーから演歌歌手の大御所へ

本日1月30日は石川さゆりの誕生日~アイドルシンガーから演歌歌手の大御所へ (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 誕生日~アイドルシンガー
  3. 演歌歌手
  4. 大御所

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★ [IN](発起人)

1242/lf/arti

【大人のMusic Calendar】

1973年3月に「かくれんぼ」で日本コロムビアからデビューした石川さゆりは、当初はアイドル然とした佇まいで、山口百恵やキャンディーズと同期の新人であったが、すぐに人気を得るには至らなかった。その後、本格的な演歌歌手へと転向して1977年の元日にリリースされた、実に15枚目にあたるシングル「津軽海峡・冬景色」で大ブレイクを成し遂げる。
続けて「能登半島」「暖流」「沈丁花」などをヒットさせ、80年代には決定打となる「天城越え」で歌謡界における堂々のポジションを得たのだった。紅白歌合戦にも2018年末までに41回出場し、今や日本を代表する女性演歌歌手といっていいだろう。1月30日は石川さゆりの61歳の誕生日。現役で歌い続けている彼女にはさらなる活躍が期待される。

熊本に生まれた少女・石川絹代は、小学校1年の時に観た島倉千代子のショーに感銘を受けて歌手の道を志す。小学校5年の時に一家で横浜市に転居してからは歌のレッスンを受け、中学生になってから出演したのど自慢番組に合格した際、ホリプロからスカウトされて芸能界入りを果たした。デビュー曲「かくれんぼ」は日本調ながらもアイドルのジャンルに属するような可愛らしい楽曲であった。
キャッチフレーズが“コロムビア・プリンセス”だったことからも、発売元のコロムビアレコードの力の入れ様が窺える。所属事務所のホリプロとしても、森昌子、山口百恵と共に“ホリプロ3人娘”としての売り出しを図ったが、同じ『スター誕生!』出身だったサンミュージックの桜田淳子の人気が圧倒的で、マスコミはこぞって“花の中三トリオ”(森昌子・山口百恵・桜田淳子)を取り上げ、“ホリプロ3人娘”は結局幻に終わってしまった。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
http://www.1242.com/lf/articles/153330/?cat=entertainment&feat=music_calendar

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
本日1月30日は石川さゆりの誕生日~アイドルシンガーから演歌歌手の大御所へ
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1548819625
現在注目の話題5選 社説+
  1. 385.71 【漫画】宮下あきら『魁!!男塾』が4日間限定で無料読み放題! 「民明書房」の書物から正しい(?)言葉のルーツを学ぼう (2)
  2. 37.12 【もんく】春・ノート【雑談も可】 ★23ページ (543)
  3. 32.13 流行語になって5年、すっかり根付いた「壁ドン」 2019/02/18 (10)
  4. 30.92 長万部の名物駅弁「かにめし」JR車内販売廃止へ 店頭は継続「原点失うのは寂しい」 2019/02/18 (10)
  5. 23.26 まず「まえがき」から 京大首席が実践する興味ない分野の勉強法 (8)