【大森均の釣れ釣れ草】別格の釣り極道 会社を35回クビに - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【大森均の釣れ釣れ草】別格の釣り極道 会社を35回クビに

【大森均の釣れ釣れ草】別格の釣り極道 会社を35回クビに (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 大森均
  3. 回クビ
  4. 会社

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
アルカリ性寝屋川市民 ★ [CN](発起人)

nnn/dainichi

 古典落語などでは、働かないで遊んでいる素行の落ち着かない者を極道と呼んで、その道に対する極端な傾斜ぶりを面白おかしく表現している。本来は、「仏法の道を極めた者」という意味であるが、いつの間にか仏法が消えて放蕩(ほうとう)や道楽にふける者を侮蔑して使う言葉になったと想像される。

 「釣り極道」などと言う言葉も度々耳にする。周囲からそうあきれられているが、それが自分に向けられた蔑称だとは思っていないから釣り人は始末に悪い。この釣り極道も伝説にまで昇華すると、とんでもないほど破滅的だ。

 ▽女房に逃げられ

 30年ほど前に聞いた話で、誰から聞いたのかという記憶も定かではなく、その正確さも怪しいが、とにかく、私が知る限りこれ以上の釣り極道はいないと思われるのが北九州の中山正則さんだ。

 当時の釣り雑誌にも「イシダイを千尾釣った」「伝説の底物名人」などの尊称が贈られていたほどの人で、聞いた話も普通ではない。

 中山さんは、釣りに行き過ぎて2人の女房に逃げられた。3人目の女房にまで逃げられたら大変と、「イシダイを千尾釣らせてくれたら家を建てる」と約束して、磯釣りにうつつを抜かしていた。南紀をホームグラウンドにする40年来のイシダイ釣り師も、一生で50尾が目標というほど幻の魚。いくら徳之島などのメッカを主戦場にしている中山さんでも「千尾なら死ぬまで…」と、考えたのであろう。

 それを10年足らずで達成してしまった。最も釣れた記録は、1日35尾というから和歌山の釣友の40年分をたった1日で釣り上げたことになる。

 ▽35尾以上は釣らない

 その日は、入れ食いでもっと釣れたらしい。中山さんは、35尾以上は釣らないように決めている。釣りに夢中になり始めて7年間で35回会社をクビになっている。2~3カ月に一度クビに。それが自分で会社を興すきっかけにもなったが、「35尾以上釣ったら会社をつぶす気がしてならない」というのがその理由である。

 しかし、いくら若い頃の話とはいえ、女房に逃げられ、35回クビになったほどの人が、経営者になったからといって病が治まるはずがない。ここから釣行も安定?し、年間150日釣りに出かけた。

 ここで、私のあいまいな記憶の結末は「破綻」であった。先日、この記憶に修正を加えてくれる人があり、伺うと「中山さんは、釣りばかりしている人ではありませんでした。仕事は人の2倍3倍もする、いつ寝ているのだろう?というほど釣り同様にすさまじい人でした。だから、釣りに行く暇も金も作れたのでしょう」。

 私が知る限り、これほど別格の釣り極道は中山さんをおいて他にない。記憶を修正してくれた人の話によると、2人の女房に逃げられ、35回クビになった話も本当らしい。

 もう、この世の人ではない中山さんに、釣り師として深い尊敬と祈りをささげたい。



大阪日日新聞 2月1日
https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/fishing/190201/20190201050.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【大森均の釣れ釣れ草】別格の釣り極道 会社を35回クビに
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1549198267
現在注目の話題5選 社説+
  1. 89.98 「パンプス強制は苦痛」=足腰に負担、仕事に支障−「#KuToo」じわり拡大 2019/02/23 (24)
  2. 81.81 元アイドルが考える「アイドルの教養がない問題」 2019/02/23 (19)
  3. 73.22 世界初のアンドロイド観音像 動く仏像へ「進化」、高台寺 2019/02/23 (14)
  4. 56.6 ADSLが受付終了 格安自宅回線の選択肢は他に何がある? 2019/02/23 (13)
  5. 49.18 堀江貴文が飲食店経営の極意を教える「ホリエモン式飲食店経営」 (12)