【インバウンド】外国人が震える旅館の実は怖い「おもてなし」 プライバシーがダダ漏れ過ぎる問題 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【インバウンド】外国人が震える旅館の実は怖い「おもてなし」 プライバシーがダダ漏れ過ぎる問題

【インバウンド】外国人が震える旅館の実は怖い「おもてなし」 プライバシーがダダ漏れ過ぎる問題 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. プライバシー
  3. インバウンド
  4. ダダ漏

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
アンドロメダひめ ★ [FR](発起人)

東洋経済オンライン

日本では来年、東京オリンピックとパラリンピックが開催され、2025年には、大阪万博の開催が決定している。
訪日観光客の数は年々増えており、この傾向はこの先もしばらくは続く見込みだ。
多くの企業や自治体はそれを商機と捉えているだろう。

だが、本当の意味で外国人を取り込みたいのであれば、性別や人種などの偏見・差別を防ぐために政治・社会的に公平な言葉や表現に配慮する「ポリティカル・コレクトネス」は避けて通れない道だ。
本連載では、日本人にはOKでも、外国人にはNGといったあれこれを検証する。

■旅館について宿泊客一同が固まった

日本の旅館での宿泊は、欧米型ホテルとは異なる体験ができるとあって、「日本に行ったら、ぜひ旅館に宿泊したい」という外国人は多い。
女将のお出迎えから始まり、美しい庭、畳の部屋、豪華な食事にお風呂と、日本でなければ体験できないそれらの一つひとつは、海外の人からするとエキゾチックで、期待に胸が膨らむだろう。

しかし、旅館にとっては長年の慣習であっても、今の時代では変えたほうがいいものもある。
それが「お出迎え看板」だ。

久しぶりに帰国し、旅館を借りて顧客との打ち合わせをした際に、自分たちの名前が歓迎のお出迎え看板に掲げられていたことがある。
黒い板に白字で「歓迎、○○御一行様」と書かれた、あの看板だ。

私たちはそれを見て、あまりの驚きにその場で固まってしまった。
そして、さらに驚いたのはその日に宿泊する部屋のドアの横に、「歓迎?○○様」という張り紙が貼られていたことだ。

廊下を見渡すと、どの部屋にも宿泊客の名前が貼り出されていた。「この習慣は、まだあったのか」――。
しかも、それは海外からも頻繁に客が来ると知られる老舗の旅館であったため、驚きは大きかった。

旅館に限らず、この歓迎スタイルは日本の多くの場所で見られる。
観光バスや、それで乗り付けるような地方のレストランの入口などにも、こうした歓迎看板を目にする。
しかし、これは客のプライバシーに触れることでもある。

守られるはずのプライバシーが、このように堂々と公開されることをありがたいと思わない人も、世の中には大勢いるはずだ。
「海外生活が長いので久しぶりに歓迎看板を見ましたが、今でもある習慣なんですね」と、少し皮肉のつもりで旅館のスタッフに話しかけると、「これこそ日本の『おもてなし』ですから」と胸を張って答えていた。

セキュリティの観点からも、客の中には「自分がその旅館にいることを外部に知られたくない」という人もいるはずなのだ。
それなのに、なぜ日本では先にそれを個々に尋ねないのだろうか?

■太っている人を揶揄するのも「アウト」

ポリティカル・コレクトネス(以下、ポリコレ)と聞いて、それがなんだかハッキリ答えられる人は少ないかもしれない。
「デジタル大辞泉」によると、「人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まない中立的な表現や用語を用いること」とある。
しかし、多種多様な民族や宗教背景を持つ人で人口が構成されているとは言えない日本では、理解しにくい部分があるかもしれない。

移民や性の多様性に寛大であろうとする欧米諸国ではもともと、公平や中立さに欠ける発言や、差別や偏見が少しでも含まれる発言は、人として口に出してはいけないという風潮はあった。
が、特にアメリカでは、ポリコレは前オバマ政権下において、社会の「常識」として定着した感がある。

例えば、性の多様性への理解は、ポリコレの浸透によって劇的に高まった例と言えるだろう。
アメリカ連邦最高裁判所は、2015年に合衆国憲法下での同性婚を合法化したが、こうした動きは、全世界的にマイノリティーの人権理解に対して大きく貢献したと言える。

ポリコレによる新しい常識は、かつてのアメリカの常識を「非常識」にもした。
例えば、以前はアメリカでも、「太りすぎは自分をコントロールできない証拠」などと、よく言われていた。

が、これはポリコレ的には正しくない。
人の体型に関する発言をすることは、今のアメリカでは許されないからだ。
今は、「どんな体型であっても、すべての人間は美しい」という考えが、社会では正しいものだと認識されている。

---続きはソースで

東洋経済オンライン 2019/02/06 5:10
https://toyokeizai.net/articles/-/263394

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【インバウンド】外国人が震える旅館の実は怖い「おもてなし」 プライバシーがダダ漏れ過ぎる問題
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1549421035
現在注目の話題5選 社説+
  1. 316.27 百均で買ったゴム風船を膨らませて宙に浮かぶ風船にして高く売って儲けようと考えたのだがいくらフーフーしても風船が浮かんでくれない‥ (16)
  2. 58.91 【話の肖像画】NHK元アナウンサー・鈴木健二(90)(5) (10)
  3. 37.75 「パンプス強制は苦痛」=足腰に負担、仕事に支障−「#KuToo」じわり拡大 2019/02/23 (26)
  4. 30.57 元アイドルが考える「アイドルの教養がない問題」 2019/02/23 (20)
  5. 27.78 【雑談】ニライカナイφ★が社説+で夢や独り言をつぶやくスレ ★17 (377)