都立高の募集定員、なぜ男女で違う? 合格ラインにも差 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

都立高の募集定員、なぜ男女で違う? 合格ラインにも差

都立高の募集定員、なぜ男女で違う? 合格ラインにも差 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 合格ライン
  3. 男女で違
  4. 募集定員

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
岸海式スアリ ★ [MY](発起人)

Yahoo!ニュース

男子の募集定員は133人なのに、女子は121人――。東京都立高校の入試では、共学である各校の定員が男女別に定められている。都道府県全体で男女別に募集しているのは、東京だけ。同じ高校でも男女で合格ラインが異なり、「時代に合わない」と指摘されてきたが、いまも続くのはなぜなのか。

 「都内の保護者には、男女別定員が珍しいという感覚はないと思う」。都内の大手学習塾の高校受験担当は話す。ただ、指導の際は男女それぞれの倍率をみながら出願先の高校を考えたり、指導のレベルを上げたりするという。

 都立高普通科(全日制、124校)では、定員を男女別に決めており、倍率も男女で違っている。今春入学の都立高校一般入試の応募状況をみると、日比谷(千代田区)は男子の募集定員133人に対して334人、女子は121人に258人が応募し、倍率は男子が2・51倍で、女子を0・38ポイント上回った。逆に本所(墨田区)は男子100人に203人、女子91人に241人が応募し、女子は2・65倍。こちらは女子の倍率が男子を0・62ポイント上回る。

 2019年度の推薦入試も含む募集定員の合計は男子が1万4423人、女子が1万3202人。都教委は、都立高全体で見た場合に男女の不公平が生じないよう、都内の公立中学校の卒業予定者の男女比を各校の定員に一律にあてはめている。だが、学校ごとには男女で倍率に差ができ、その分、筆記試験などの総合得点による合格ラインも違いが生じる。それにより、同じ得点でも性別の違いで合否がわかれる。

 都教委によると、男女別の募集が始まったのは1950年度。男女共学制実現のために導入されたが、当初は旧制中学校が母体の高校は男子が多く、旧制高等女学校だった高校は女子を多くしていた。徐々に男女の定員差は縮まり、2003年度から全校の男女比を一律にした。

続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000026-asahi-soci

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
都立高の募集定員、なぜ男女で違う? 合格ラインにも差
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1549690104
現在注目の話題5選 社説+
  1. 223.75 中国企業、15年以上も前に日本で作られた「燃焼系」CMをパクって炎上 2019/02/20 (7)
  2. 48.6 祖父母の家で室内飼いしていたゴールデンレトリーバに孫(10ヶ月)が噛み殺された事件で祖父母を書類送検 (21)
  3. 40.7 凄いこと思いついた! 化学調味料に塩を混ぜて万能調味料として売り出せばバカ売れじゃね? (14)
  4. 38.75 肉は厚切りと薄切りどっちが美味いんだぜ? (14)
  5. 37.69 アース製薬、光触媒方式「蚊がホイホイ」発売 殺虫成分使わず (16)