「川島隆太教授の脳を鍛える」シリーズ最新刊 刊行 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

「川島隆太教授の脳を鍛える」シリーズ最新刊 刊行

「川島隆太教授の脳を鍛える」シリーズ最新刊 刊行 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. シリーズ最新刊
  3. 川島隆太教授
  4. 刊行

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★ [US](発起人)

プレスリリース詳細 ky

2019年02月28日 共同通信PRワイヤー
プレスリリース詳細 https://kyodonewsprwire.jp/release/201902273666

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2019年2月28日

株式会社 くもん出版

「川島隆太教授の脳を鍛える」シリーズ最新刊
『計算60日』『音読・漢字60日』刊行!

くもん出版(代表取締役社長 志村直人)は、「脳を鍛える大人のドリル」シリーズ最新刊、『脳を鍛える「計算」60日』『脳を鍛える「音読・漢字」60日』の2冊を刊行いたしました。毎日の「読み・書き・計算」トレーニングが脳を活性化させるという、東北大学川島隆太教授の研究成果に基づいた本シリーズは、昨年、発売15周年を迎えました。最新刊では、スマートフォンで記録がつけられる、新たな機能を追加しました。今までの効果はそのままに、さらに毎日楽しくトレーニングが続けられます。

■「脳を鍛える大人のドリル」とは・・・ 
 物忘れが多くなってきた、人の名前や漢字が思い出せない…脳の機能も肉体と同じように、20代を過ぎると徐々に低下していきますが、毎日積極的に使う習慣をつけていくことで、機能の低下を防ぐことができます。
 「脳を鍛える大人のドリル」シリーズは、1日5分、簡単な音読・計算をくり返すことで、脳の前頭前野を活性化させ、脳の健康を維持・向上することを目的に作られています。

■スマートフォンを使って、記録がつけられるようになりました! 
最新刊では、スマートフォンで日々のトレーニングを記録する機能を追加しました。
 毎日のトレーニング結果を記録して、グラフで見ることができるほか、川島隆太教授の声で、応援メッセージが流れ、モチベーションを維持しながらトレーニングを続けることができます。
 今までの効果はそのままに、さらに毎日楽しく使っていただくことで、日常生活のなかで、脳のトレーニングがきちんと習慣づけられます。

■監修:川島隆太
 1959年千葉県千葉市生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学研究科修了。スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、現在同大学教授。医学博士。元文化審議会国語分科会委員。脳のどの部分にどのような機能があるのかを調べる「ブレインイメージング研究」の、日本における第一人者。

【書誌情報】
『脳を鍛える「計算」60日』ISBN978-4-7743-2825-6
『脳を鍛える「音読・漢字」60日』ISBN978-4-7743-2824-9
【対象】 一般
【体裁】 B5判・『計算』184ページ/『音読・漢字』168ページ
【発売】 2019年1月30日
【定価】 本体各1,000円+税 
【発行】 くもん出版

■川島隆太教授 講演会を開催
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
 https://mantan-web.jp/article/20190227prm00m020031000c.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
「川島隆太教授の脳を鍛える」シリーズ最新刊 刊行
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1551625958
現在注目の話題5選 社説+
  1. 307.52 これほど発展した日本に、なぜ路上生活者がいる? 日本人の答えが意外なものだった!=中国メディア 2019/03/19 (26)
  2. 81.58 涙なしには見られない コンビニの“悲し過ぎる忘れ物”に全目撃者が悲しみを抱く 2019/03/19 (27)
  3. 53.61 120代以上続く日本の天皇家、中でもすごい5人の天皇とは?=中国メディア 2019/03/19 (23)
  4. 47.15 愛称は「ゴジラジャパン」=柔道日本代表 2019/03/19 (14)
  5. 38.67 アパホテルプライド 国会議事堂前開業 2019/03/19 (3)