「ネコノミクス」の経済効果は「大阪万博効果」を上回る 2019/03/11 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

「ネコノミクス」の経済効果は「大阪万博効果」を上回る 2019/03/11

「ネコノミクス」の経済効果は「大阪万博効果」を上回る 2019/03/11 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. ネコノミクス
  3. 大阪万博効果
  4. 経済効果

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★ [JP](発起人)

zaikei/sp/ar

2019年3月11日 12:11

 「アベノミクス」をもじり「ネコノミクス」なる言葉が、市民権を得つつある。2017年にペットの世界に異変?が起きた。初めて猫の数が犬を上回った。そして昨年も約965万匹と犬(約890万匹)との差を広げた。

 詳細は書き出したらきりがないので省くが、猫関連市場は広い。関西大学の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)は15年段階でのネコノミクスの経済効果を「年間2兆3,100億円」と試算している。その後の「猫の躍進?」を勘案すると、その経済効果はさらに拡大していると推察できる。ちなみに政府は25年の大阪万博の経済効果を、2兆円規模と推定している。ネコノミクス効果は、大阪万博効果を上回ることになる。

 猫効果を狙った動きは、不動産業界にも波及している。2月末に福岡県の不動産管理会社による九州初の『ねこ共生専用(賃貸)マンション:イフキャット藤崎』が完成した。同マンションをプロデュースしたのは、シンガーソングライター・作曲家・作詞家として知られる井上陽水氏を父に持つ作詞家・歌手の依布サラサさん。

 依布さんはプロデュースを引き受けた理由を「東京ではすでに猫と暮らせるマンションが多くある。猫用グッズ店や猫用ホテルが併設された物件、猫を共に飼うシェアハウスなども登場している。福岡でも猫の飼育数は増加傾向にあり、猫が飼えるマンションの需要は高い」とした上で、こうも言い及んでいる。「福岡は犬猫の殺処分が全国的に高い地域であることを踏まえて、そういうペットの数を1匹でも減らそうという活動をしている。今回プロデュースを引き受けたのも、そういう思いがあったからだ」。

 件の不動産管理会社では完成マンションを、こんな角度からも説明した。「出先に居てもスマートフォン操作で(寒がりな)猫のために空調操作ができる、IoT機能が標準装備されている。マンションオーナーに稼働率上昇の意味からも、ねこ共生専用マンションを積極的に進めていきたい」。

 まさに、たかが猫されど猫である。(記事:千葉明・記事一覧を見る)
https://www.zaikei.co.jp/sp/article/20190311/499215.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
「ネコノミクス」の経済効果は「大阪万博効果」を上回る 2019/03/11
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1552390001
現在注目の話題5選 社説+
  1. 61.21 維新以外の政党が大阪都構想に反対するのはなぜか 2019/03/18 (40)
  2. 36.38 日本で問題視される「観光公害」、中国ネット「われわれを公害呼ばわりするのか」=中国 2019/03/20 (32)
  3. 32.31 これほど発展した日本に、なぜ路上生活者がいる? 日本人の答えが意外なものだった!=中国メディア 2019/03/19 (41)
  4. 31.99 瀬戸内寂聴 済んだことは忘れましょう 2019/03/20 (21)
  5. 29.78 事故前日のライオンエア機に第3の操縦士、危機救う 2019/03/20 (24)