新元号墨書は公文書扱い=「平成」は竹下家私物に 2019/03/16 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

新元号墨書は公文書扱い=「平成」は竹下家私物に 2019/03/16

新元号墨書は公文書扱い=「平成」は竹下家私物に 2019/03/16 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 新元号墨書
  3. 竹下家私物
  4. 公文書扱

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★ [CA](発起人)

時事ドットコム

2019年03月16日14時49分
 政府は、平成に代わる新元号の発表時に使う墨書を公文書扱いにし、歴史的文書として保存する方針を固めた。前回改元時に小渕恵三官房長官(当時)が掲げた「平成」の書はいったん竹下登首相(同)の私物となっており、前回と異なる。2011年の公文書管理法施行が背景にあり、この30年間の時代の流れを映している。
 政府は2月、新元号の選定手続きは前例を踏襲するとの基本方針を決定。選定後の段取りについても前回と同様、内閣府の「辞令専門官」が筆で書き、菅義偉官房長官が発表する流れだ。書の見せ方は大型スクリーンの活用も取り沙汰されたが、長官が手で掲げる方法になるとみられる。
 墨書を公文書扱いにするのは、「歴史公文書」の適切な保存・利用を定めた公文書管理法に基づく対応だ。
 政府が新元号の書を公文書とする背景には、前回改元時の反省もある。小渕氏が「平成」の書を掲げたのは自身のアイデア。発表直前に辞令専門官だった河東純一氏にひそかに指示し、河東氏が予備を含めて2枚したためた。小渕氏はそのうちの1枚を携えて記者会見に臨んだ。
 当時は公文書管理法がなく、発表に使われた原本は竹下家、予備は小渕家に渡り、一般には行方知れずになっていた。ところが、竹下氏の孫のタレント、DAIGOさんがテレビ番組で平成の書が竹下家にあると暴露。国立公文書館が竹下家と連絡を取り、09年9月に書を借り受け、10年3月に寄贈を受けた。
 平成の書の原本は現在、「特定歴史公文書」として公文書館に永久保管されている。(2019/03/16-14:49)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031600159&g=pol

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
新元号墨書は公文書扱い=「平成」は竹下家私物に 2019/03/16
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1552718162
現在注目の話題5選 社説+
  1. 68.63 【雑談】転生したらニライカナイφ★だった件 ★18 (29)
  2. 49.75 中国車を「レクサスに改造」した男に罰金処分、中国ネット「元は十分に取った」=中国 2019/03/22 (14)
  3. 44.45 関ジャニ大倉忠義が大株主の「鳥貴族」初赤字、1日で76万円資産が目減り (12)
  4. 43.49 中国江蘇省で工場爆発、44人の死亡確認=負傷多数、幼稚園も被害 2019/03/22 (12)
  5. 42.91 「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か 2019/03/22 (17)