日本で唯一、自由に「本物の下水道管」に入れる場所!汚水を五感で体感できる展示の狙い 2019/03/17 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

日本で唯一、自由に「本物の下水道管」に入れる場所!汚水を五感で体感できる展示の狙い 2019/03/17

日本で唯一、自由に「本物の下水道管」に入れる場所!汚水を五感で体感できる展示の狙い 2019/03/17 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 五感で体感
  3. 日本で唯一
  4. 下水道管

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★ [EU](発起人)

irorio.jp/na

東京都小平(こだいら)市にある、自由に本物の下水道管の中に入ることができる日本で唯一の施設について市環境部下水道課に取材した。



小平市のふれあい下水道館

小平市には、下水道の大切さを学ぶことができる施設「小平市ふれあい下水道館」がある。

下水道の役割や仕組みなどを学べる施設。1990年度に市内の下水道の普及率が100%を達成したことを記念して造られた。

特に国内外の下水道の歴史の歩みへの理解が深められるよう工夫した展示をしており、とりわけ地元・小平の発展に伴う下水道の歩みを分かりやすい形で紹介しているという。



本物の下水道管に入れる

ふれあい下水道館館長兼長寿命化対策担当係長の太田尚樹さんに話を聞いた。

―–同館の見どころを教えてください。

なんといっても地下25メートルにある本物の下水道管の中に入って、汚水の流れる音やにおい、速さ、色、湿度、管の大きさなどを体験してもらえるところです。

地下1階の講座室では、汚水をきれいにする本物の微生物を高解像度の光学顕微鏡で観察することができ、日によって変わる微生物の種類や数の多さ、活性状況などを見て楽しむことができます。
同館は、誰でも自由に本物の下水道管の中に入ることができる日本で唯一の施設だという。

―–本物の下水道管ならではの観察のポイントは?

汚水の流れる量や音、におい、色などを体験してもらうと同時に、普段の生活ではあまり意識することがない下水道を身近に感じ、その大切さを体験して感じでもらえることがポイントになります。



日曜の午前中は流量が20%程増える
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://irorio.jp/nagasawamaki/20190317/517816/
Posted: 03/17/2019 11:00 am|Updated: 03/17/2019 11:00 am
Text by 長澤まき

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
日本で唯一、自由に「本物の下水道管」に入れる場所!汚水を五感で体感できる展示の狙い 2019/03/17
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1552834957
現在注目の話題5選 社説+
  1. 76.79 ウーマン村本1回5万のAbema Prime降板 2019/03/18 (22)
  2. 36.66 Switch版『スーパーリアル麻雀PV』一時配信を停止、「一部表現の制限が不十分なシーンがあったため」 2019/03/18 (16)
  3. 30.06 ちょっと待て! 今魚肉ソーセージのパッケージを見たら「※そのままでもおいしくお召しあがりいただけます」と書いてあるが、そもそも (41)
  4. 28.07 把瑠都 「ねんがん の こっかいぎいん に なることが できました。」 (18)
  5. 26.8 内田裕也さんブチキレた「たけしのオールナイト」 2019/03/18 (17)