マツダ、販売低迷でも「値引き」に走らない事情 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

マツダ、販売低迷でも「値引き」に走らない事情

マツダ、販売低迷でも「値引き」に走らない事情 (1)

  1. 全部見る(社説+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 販売低迷
  3. マツダ
  4. 事情

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
おとわ ★ [US](発起人)

Yahoo!ニュース

「負けは負けなのでこれは挽回しなくてはいけない。ただ、台数を追い求めて販売の質を悪化させるのではなく、質を維持して台数との両立を図っていく」。マツダの藤原清志副社長は厳しい経営環境を乗り越えていく強い決意を示した。


11月1日、マツダは2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。売上高見通しは前期比2%減の3兆5000億円と、従来予想の3兆7000億円から2000億円引き下げた。主力市場の北米や中国で販売が低迷していることを受け、世界販売台数も従来予想の161.8万台から6.8万台引き下げ155万台(前期比1%減)とした。
.

 営業利益の予想は前期比27%減の600億円と、当初予想の1100億円から500億円引き下げ、増益予想から一転して減益見通しに。業績予想通りなら、2期連続の営業減益となる。

■大幅下方修正の要因は販売低迷にあらず

 ただ、販売低迷が今回の営業利益の下方修正につながったわけではない。インセンティブ(販売奨励金)を抑制し、台当たり収益を高めたことで、販売台数の減少によるマイナス影響を相殺。下方修正の主要因は為替レートが想定よりも円高で進行し、日本からの輸出採算が悪化していることにある。マツダは期初段階で1米ドル110円、1ユーロ126円と想定していたが、今回1米ドル107円、1ユーロ119円と円高方向に見直した。
.

 この結果、前期比較では為替影響が営業利益を799億円押し下げる見通しだ。コストの改善で211億円、販売面での収益改善で477億円を積み上げても、為替影響を吸収できず、営業利益は前期を200億円あまり下回ることになる。

11/4(月) 5:30配信  東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00312353-toyo-bus_all

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
マツダ、販売低迷でも「値引き」に走らない事情
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1572833670
現在注目の話題5選 社説+
  1. 24.98 【立て子になりたい】★誕生! 〜君こそスターだ!〜★20 (241)
  2. 18.65 【もんく】春・ノート【雑談も可】 ★31ページ (834)
  3. 12.44 【報告スレ】芸スポ速報+のルール違反スレなどを報告するスレッド ★75  (263)
  4. 10.04 【★自動復帰】緑のおばさん総合事務所【ズル禁止】 (709)
  5. 9.69 【新潟】パトカーなど23台に衝突 運転の36歳女逮捕 最後まで逃げようと抵抗 新潟市 (37)