【考古学】渡来人、100年早く奈良に移住か 最古級の建物跡発見[11/29] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【考古学】渡来人、100年早く奈良に移住か 最古級の建物跡発見[11/29]

【考古学】渡来人、100年早く奈良に移住か 最古級の建物跡発見[11/29] (1)

  1. 全部見る(科学ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 建物跡発見
  3. 考古学
  4. 渡来人

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
しじみ ★(発起人)

朝日新聞デジタル

 朝鮮半島出身の渡来人の影響を受けたとされる「大壁(おおかべ)」と呼ばれる建物跡とみられる遺構が、奈良県高取町の市尾カンデ遺跡でみつかった。町教育委員会が27日発表した。4世紀末に建てられた国内最古級の可能性があり、専門家は渡来人の定住時期を考える上での貴重な発見とみている。

 町教委は7~11月、介護施設の建設計画に伴い、約1千平方メートルを調査。古墳時代の大壁建物跡16棟と掘立柱(ほったてばしら)建物跡8棟が出土した。

 大壁建物は朝鮮半島にルーツがあるとされ、溝の中に多数の柱を据え、その柱を包み込むように土などを塗って壁面を造る構造に特徴がある。国内では5世紀中ごろ以降、多数の渡来人が定住したとされる奈良や滋賀などでみつかっている。市尾カンデ遺跡の一帯は渡来系集団「東漢氏(やまとのあやうじ)」の拠点とされ、これまでも高取町内では5世紀後半~8世紀末の約40棟の大壁建物跡が確認されている。

 出土した大壁建物跡の1棟は東西約14・5メートル、南北約13メートルで、国内最大級の規模とみられる。4世紀後半~5世紀初めの土器片が出土したことから、町教委はこの大壁建物が4世紀末~5世紀初めに築かれ、渡来人の同町への移住時期が100年近くさかのぼる可能性が出てきたとみている。

 猪熊兼勝・京都橘大学名誉教授(考古学)は「渡来人が祖国で開発された最新のモデルハウスを建てたことがわかった。韓国でも大壁建物の調査例が増え、日韓の共同研究が進むきっかけになるだろう」と話す。

 現場はすでに埋め戻され、現地説明会はない。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181128003677_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181128003680_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181128003675_commL.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLCX5JHQLCXPTFC01S.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【考古学】渡来人、100年早く奈良に移住か 最古級の建物跡発見[11/29]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1543749183
現在注目の話題5選 科学ニュース+
  1. 177.29 【考古学】2400年前の沈没船から古代造船技術明らかに キプロス[12/13] (3)
  2. 98.85 【環境】深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、マリアナ海溝の堆積物1リットルに2000個 研究[12/12] (96)
  3. 83.22 「脳トレ」に効果なし・・・パズルを解いても知力低下は防げない 英研究 (152)
  4. 81.4 【話題】ノーベル賞受賞を手放しで喜べない「この国特有の理由」竹内 薫 (86)
  5. 55.69 地下深部に微生物を含む広大な「生命体の森」 国際研究で発見[12/12] (47)