【高速増殖炉もんじゅ】「見通し甘い」もんじゅ廃炉、出だしでつまずく[12/05] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【高速増殖炉もんじゅ】「見通し甘い」もんじゅ廃炉、出だしでつまずく[12/05]

【高速増殖炉もんじゅ】「見通し甘い」もんじゅ廃炉、出だしでつまずく[12/05] (1)

  1. 全部見る(科学ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 高速増殖炉
  3. 廃炉
  4. 見通

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
しじみ ★(発起人)

読売新聞(YOMIURI

 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、年内に終えるとしていた使用済み核燃料100体の取り出し作業が、約1か月遅れると公表された3日、地元の県や敦賀市から「作業工程をしっかり管理して」「見通しが甘かったのでは」と、日本原子力研究開発機構や監督する文部科学省を批判する声が出た。約30年かかる廃炉は、出だしからつまずく形となった。

 もんじゅは原子炉の熱を取り出す冷却材にナトリウムを使用。核燃料は原子炉内に370体、原子炉の横の貯蔵槽に160体あり、ナトリウムにつかっている。機構は当初予定より約1か月遅れた8月30日から、貯蔵槽の燃料を水の入った燃料池に移す作業を開始。さらに、機器トラブルなどが原因で作業できない日も増えていることから、「年内100体」という最初の目標達成は困難となった。

 この日、敦賀市役所を訪れた文部科学省の明野吉成もんじゅ・ふげん廃止措置対策監は、渕上隆信市長に経緯を説明。現在は日中に限定している作業について、来年度以降は夜間も続けて行うことで、1日1体以上取り出す新方針を示した。交代で作業に当たるチームも3班から5班に増やすといい、「2022年度に完了する全体計画に変更はない」と理解を求めた。

 渕上市長は「事前の検討や見通しが甘かったのではないか。安全、着実に実施するよう引き続き指導してほしい」とくぎを刺した。

 明野対策監は県庁でも説明。清水英男・安全環境部長は「安全最優先が重要で、スケジュールありきで進めるべきではない」としつつも、「決めた工程に従って着実に作業を進めることが、県民の信頼につながる」と求めた。近く、放射性物質を含まない2次系ナトリウムの抜き取り作業も始まることから、新たな作業の安全確保も要請した。

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20181204/20181204-OYT1I50013-1.jpg
https://www.yomiuri.co.jp/photo/20181204/20181204-OYT1I50014-N.jpg

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20181204-OYT1T50039.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【高速増殖炉もんじゅ】「見通し甘い」もんじゅ廃炉、出だしでつまずく[12/05]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1543974127
現在注目の話題5選 科学ニュース+
  1. 472.65 【宇宙】火星の「ブルーベリー」の成因が地球上の「球状鉄コンクリーション」に類似していることが判明 名古屋大学[12/12] (5)
  2. 427.72 低濃度二酸化炭素だけを還元して資源化する新触媒を発見 - 東工大[12/13] (11)
  3. 394.26 【生物】食虫植物の獲物奪うクモ、実は植物にも利益あり「おすそ分け」の共生関係[12/12] (7)
  4. 191.52 【考古学】2400年前の沈没船から古代造船技術明らかに キプロス[12/13] (8)
  5. 97.39 【環境】深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、マリアナ海溝の堆積物1リットルに2000個 研究[12/12] (97)