ヘッドハンターが目を付ける人工知能(AI)専攻の博士、年収1300万円も[12/05] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

ヘッドハンターが目を付ける人工知能(AI)専攻の博士、年収1300万円も[12/05]

ヘッドハンターが目を付ける人工知能(AI)専攻の博士、年収1300万円も[12/05] (1)

  1. 全部見る(科学ニュース+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. ヘッドハンター
  3. 人工知能
  4. 万円

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
しじみ ★(発起人)

AFPBB News

【12月5日 CNS】近ごろ「人工知能(AI)専攻の博士は年収80万元(約1300万円)」とのニュースが、インターネット上で話題になった。以前から期待されてきたAI業界が、これでまた注目の的となった。

 情報によると、このニュースは、「第一財経(China Business Network)」の記者が「第20回中国国際高新技術成果交易会人才智力交流会」で得たもので、ある企業が、AI専攻の新卒博士の年収を、昨年の50万元(約820万円)から今年の80万に引き上げると表明したことによる。AIに進出することは決めたものの、新人への報酬をいくらにするか決めていない企業も、ITの大企業からAI人材を引き抜く準備を進めている。

 中国の高度人材の大手求職サイトである「猎聘(Liepin)」で人気の職種を検索すると、企業のAI人材の需要は急速に膨らんでいる。インターネット、電子商取引、金融、医療、ファンド、不動産、自動車などの業界などだ。

 報酬を見ると、AI人材の年収は全般的に高く、一部の高級職種の年収は100万元(約1600万円)を超えるものもある。AI人材は高度で数が少ないため、ヘッドハンターが目を向ける対象となっているのだ。「猎聘」の検索結果からも、ヘッドハンターのAI人材への関与度が非常に高いことが分かる。

 全体的に見ると、AI分野の人材競争が明らかに激しくなっている。特に、自動操縦、コンピューター視覚、音声識別、自然言語処理、機器学習、知識推理などの核心的な分野だ。このほか、「猎聘」の職種検索結果によると、AI業界の精鋭に対して350万元(約5800万円)以上の年収を提示する企業も少なくない。しかも、多くの企業は年収以外に、ストックオプションやRSU(制限付き株式)などをインセンティブとして合わせて提供するとしている。その多くは、多国籍企業やユニコーン企業、世界のトップ500企業などだ。(c)CNS

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/8/320x280/img_d854191edc61402db85c2c26c3478025215032.jpg
http://www.afpbb.com/articles/-/3199936

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
ヘッドハンターが目を付ける人工知能(AI)専攻の博士、年収1300万円も[12/05]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1544082432
現在注目の話題5選 科学ニュース+
  1. 221.92 【考古学】2400年前の沈没船から古代造船技術明らかに キプロス[12/13] (3)
  2. 99.2 【環境】深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、マリアナ海溝の堆積物1リットルに2000個 研究[12/12] (96)
  3. 83.38 「脳トレ」に効果なし・・・パズルを解いても知力低下は防げない 英研究 (152)
  4. 81.67 【話題】ノーベル賞受賞を手放しで喜べない「この国特有の理由」竹内 薫 (86)
  5. 55.91 地下深部に微生物を含む広大な「生命体の森」 国際研究で発見[12/12] (47)