「暴れる猛暑、護摩で調伏」 五輪期間中、祈祷師3千人配置へ - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

「暴れる猛暑、護摩で調伏」 五輪期間中、祈祷師3千人配置へ

「暴れる猛暑、護摩で調伏」 五輪期間中、祈祷師3千人配置へ (1)

  1. 全部見る(ニュース速報(嘘)+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 護摩で調伏
  3. 五輪期間中
  4. 千人配置

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
十手ひとすじ ★(発起人)

kyoko-np/201

Kyoko Shimbun 2019.08.20 News

護摩で猛暑を追い払えるか注目が集まりそうだ
https://kyoko-np.net/images/goma.jpg

 20年に開催される東京五輪・パラリンピックの期間中、猛暑対策として全国から祈祷師3千人を招集し、都内各所に派遣する計画があることが19日までにわかった。かつて、国じゅうの祈祷師を総動員して敵国調伏の祈りをささげた例にならい、大会期間中の猛暑撃退をねらう。

 大会関係者が明らかにした。大会本番を来年に控え、今年は都内各所でテスト大会が行われているが、多くの競技で水質や体調など暑さに起因する問題についての指摘が相次いでいる。

 大会委員会では、傘と一体化した前衛的な帽子を製作したり、会場でかち割り氷を配布したりするなど、隙のない万全の暑さ対策を講じているが、追加策として全国から祈祷師を3千人程度招集し、気温を抑え込むための祈祷を都内各地で行うことを決めた。大会関係者は「念には念を入れる。言葉通りだ」と説明する。

 計画では、競技会場周辺を中心に都内2千カ所に護摩壇を設置。期間中は24時間不眠不休で護摩焚きを行う。燃え盛る護摩木の影響で、都内の最高気温は42度に達すると予想されているが、「気温調伏を強めに祈願すれば、護摩による上昇分は相殺できる」とみている。

 猛暑という「敵」を調伏できるかどうか本番まで分からない神頼みの状況だが、大会関係者らは概ね楽観的だ。「ピンチに陥っても最後に必ず神風が吹くのが日本の強み。猛暑も懸念も神風が吹き飛ばしてくれる」と口をそろえるが、「神風」の具体的な正体について言及する人は誰もいなかった。

https://kyoko-np.net/2019082001.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
「暴れる猛暑、護摩で調伏」 五輪期間中、祈祷師3千人配置へ
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1566675118
現在注目の話題5選 ニュース速報(嘘)+
  1. 0.01 日大広報部の米倉司会者だけど何か質問ある? (8)