「甲子園のホームラン なぜ増えた?」 ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が無くなったため。 I - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

「甲子園のホームラン なぜ増えた?」 ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が無くなったため。 I

「甲子園のホームラン なぜ増えた?」 ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が無くなったため。 I (1)

  1. 全部見る(ニュー速(嫌儲) 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. ウエイトトレーニング
  3. ホームラン
  4. 甲子園

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 13b6-wxTX)(発起人)

NHKオンライン

sssp://img.2ch.net/ico/nida.gif
毎試合のようにホームランが飛び出し1つの大会のホームラン数も22日までに68本と史上最多を更新中です。
なぜ、これほど多くのホームランが飛び出したのでしょうか。
近年のホームランの増加について長年、高校野球の現場を取材してきたスポーツライターで
野球研究家の小関順二さんは、2つのキーワードをあげています。

要因1 体格のよさで打撃力向上
まずは体格のよさです。近年、球児たちへの栄養指導や、ウエイトトレーニングが浸透したことでパワーアップ。
かつてに比べてがっちりした体格の選手が増え、ホームランの増加につながっていると見ています。

今大会に出場したすべての選手の平均体重は72キロ。
文部科学省のおととしの調査では全国の17歳の男子の平均体重61キロ余り。
比べると10キロほど重いことがわかります。
さらに今大会の準々決勝までにホームランを打った打者の平均体重は76.6キロと、さらに5キロ近く重くなっています。

小関さんは「ウエイトトレーニングをやった選手は飛距離が伸びている。
以前は、高校生からウエイトトレーニングをしないほうがよいという考え方もあったが、
きちんとした方法ですれば効果がでることがわかってきたのではないか」と分析しています。

要因2 球界全体がフルスイング!
さらに、ホームラン増加の要因として小関さんが強調するのが思いっきりバットを振る「フルスイング」。
球児たちのバッティングスタイルが変化しているといいます。

「高校野球では今後、2017年以前、2017年以降というかたちで語られる可能性があると思う。
私は甲子園を20年近く現場で見ているが、こんなにバッターが強く振っている大会は初めてだ」と小関さんは語ります。

バッティングスタイルの変化。小関さんは、高校野球に限らず、少年野球から社会人野球まで、
野球界全体の意識が、「当てる」「転がす」から、「フルスイング」に変わってきていると指摘します。
背景には、プロ野球で、「フルスイング」のプレースタイルが定着している、
ソフトバンクの柳田悠岐選手や日本ハムの大谷翔平選手が活躍していることをあげています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170822/k10011107861000.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
「甲子園のホームラン なぜ増えた?」 ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が無くなったため。 I
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1503442854
現在注目の話題5選 ニュー速(嫌儲)
  1. 18068.96 アニメ業界「あの!春アニメが最終回ラッシュなんですけど、もっと話題にしませんか?」 オタクの深夜アニメ離れが深刻 I (797)
  2. 13216.86 カレーココイチついに終わる 純利益21%減の大幅下方修正 I (283)
  3. 9854.18 【衝撃】○ー○○ー○に入る言葉はマーマレードしかないことが判明 I (112)
  4. 6867.05 麻生「水道の民営化はよ」 一体何のメリットがあんの? I (165)
  5. 6285.34 美少女ゲーム『ドキドキ文芸部!』で精神崩壊したイギリスの学生が自殺 イギリス全土に警告発令へ I (938)