【愛媛】神社で雨ざらしになっていた「ゼロ戦」のプロペラに屋根…「英霊が気の毒」と篤志家が寄贈[12/28] - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【愛媛】神社で雨ざらしになっていた「ゼロ戦」のプロペラに屋根…「英霊が気の毒」と篤志家が寄贈[12/28]

【愛媛】神社で雨ざらしになっていた「ゼロ戦」のプロペラに屋根…「英霊が気の毒」と篤志家が寄贈[12/28] (1)

  1. 全部見る(ローカルnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 神社で雨
  3. プロペラ
  4. 篤志家

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
坊主 ★(発起人)

産経WEST

篤志家により屋根などが整備された愛媛県護国神社境内の零戦プロペラ=松山市
http://www.sankei.com/images/news/171228/wst1712280042-p1.jpg

 愛媛県護国神社(松山市御幸)境内で、雨ざらしになっていた旧海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)のプロペラに今秋、個人篤志家の寄付によって銅板葺きのあずまや風の建物が完成し、参拝客の多くが足を止めて見入るようになった。

 ゼロ戦は第2次世界大戦時、最新鋭戦闘機として登場した。速度に応じて回転数が調節される可変ピッチ式プロペラは当時の最高水準の技術だった。

 同神社境内のプロペラは、昭和43年に宇和海で、操業中の漁網にかかって見つかった。陸上自衛隊松山駐屯地に寄贈された後、平成13年に境内に移されていた。 

 あずまや風の建物は、松山市でハウスクリーニング会社を経営する男性(65)が寄贈した。

 「このまま雨ざらしでは、英霊が気の毒」と数年前から気にかけていたという男性は、百田尚樹氏の「永遠のゼロ」を読み、意志を固めたという。コツコツためた自身のお金でヒノキ材などを購入し、知り合いの大工に建築を依頼。奉納されたのは、海上の機影をイメージした土台と、銅板葺きの建物で、プロペラは雨から守られるようになった。

 「零戦で散った命や難儀された先達に頭(こうべ)を垂れたい。(私たちは)死屍累々(ししるいるい)の上を歩かせてもらっている。次世代の人が英霊を悼む気持ちを抱いてもらえれば」と男性は思いを述べる。この寄付のことは、家族や社員にも話していないという。

 同神社は来年3月30日、遺族らから奉納された手紙などの遺品1469点や遺影2224点を公開する。額田照彦宮司は「戦争の苦労や平和、歴史の事実を考えてほしい」と呼びかける。

産経新聞 2017.12.28 09:56
http://www.sankei.com/west/news/171228/wst1712280042-n1.html

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【愛媛】神社で雨ざらしになっていた「ゼロ戦」のプロペラに屋根…「英霊が気の毒」と篤志家が寄贈[12/28]
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1514556243
現在注目の話題5選 ローカルnews+
  1. 45.63 「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮 (80)
  2. 25.66 【ささしまライブ】「地上のにぎわい条件」ささしまの地下道、河村市長容認 2019/06/25 (41)
  3. 19.41 「君の名は。」名シーンの舞台にソックリ! 宮崎の絶景スポット「韓国山」の眺めが美しすぎる 2019/06/18 (159)
  4. 14.24 イオン、福島県浪江町に7月出店 原発事故からの住民帰還を後押し 2019/06/19 (103)
  5. 10.88 夕張市の人口、8000人を割る ピークの15分の1 2019/06/11 (170)