「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮

「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮 (1)

  1. 全部見る(ローカルnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 女子高生思
  3. 自殺逡巡
  4. 宇都宮

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
朝一から閉店までφ ★(発起人)

下野新聞「SOON」

6/22 10:14
 「おばちゃん」は抱き締めてくれた-。足利市、高校3年の少女(17)は今、「おばちゃん」と呼ぶ女性に感謝しながら県内の医療機関で過ごしている。JR宇都宮駅西口のペデストリアンデッキで5日、少女は自殺を逡巡(しゅんじゅん)していた。「危ないよ」。見ず知らずの女性から声を掛けられ、思いとどまった。女性に救われ、少女は心の安穏を取り戻そうとしている。

 「どうしたの?」

 5日正午ごろ、少女は2階のデッキから下を行き交うバスを眺めていたのを覚えている。詳しい記憶はない。手すりから身を乗り出したのか、女性から声を掛けられた。

 そして抱きしめてくれた。近くのカフェに入り、悩みを聞いてもらった。約1時間半後、落ち着きを取り戻すと、女性とは別れた。

 県内の私立高へ通う少女はその日の朝、電車に乗っている時から命を絶とうか迷っていた。登校はしたが学校を飛び出し、たどり着いたのが同駅。ホームに立ったが思い悩み、向かったのがデッキだった。

 入学した県立高でいじめに遭い、2年生で私立高に移った。転校後も「不安」がつきまとった。母親(47)は「『死にたい』『もう嫌だ』とは言っていた」と振り返る。

 少女は2年生の時にリストカットなどを繰り返し一時入院したが、自殺しようとしたのはこの日が初めて。女性と別れた後、少女は学校に戻った。母の迎えで下校し、そのまま医療機関に入院した。母によると、入院を提案された時、少女は「私もその方がいいと思う。ゆっくり休みたい」と話したという。

 女性の連絡先は分からない。母親は「知らない女の子に声を掛け、親身に話を聞いてくれて感謝の思いしかない」。少女から「お母さんよりも年上だと思う」と聞いて同駅周辺を歩いてみたが、捜す手だては見つからなかった。少女も「お礼が言いたい。けれど見つける手段がない」と話しているという。

   https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/185974

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1561416347
現在注目の話題5選 ローカルnews+
  1. 2.14 「京都人は褒めるフリして嫌味」そんなことない 「ぶぶ漬けでも」は都市伝説か 2019/08/30 (377)
  2. 1.04 夕張市の人口、8000人を割る ピークの15分の1 2019/06/11 (269)
  3. 0.04 【今日の特選】熊本市長、熊本地震振り返り「北海道に観光行って」とTwitterで呼びかけ 「涙が出る」「いい人だ」と賛同の声あふれる (21)