【福井】江戸時代から続く大野の丸焼き(サバ)半夏生に食べて暑さ乗り切る - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

【福井】江戸時代から続く大野の丸焼き(サバ)半夏生に食べて暑さ乗り切る

【福井】江戸時代から続く大野の丸焼き(サバ)半夏生に食べて暑さ乗り切る (1)

  1. 全部見る(ローカルnews+ 板)
  2. 勢い順
  3. 新着順
  1. もっと探す
  2. 江戸時代
  3. 半夏生
  4. サバ

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
つつじヶ丘の総理大臣 ★(発起人)

fukuishimbun

2019年7月2日 午前7時00分
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/886233

夏至から数えて11日目の7月2日は半夏生(はんげしょう)。
この日に丸焼きサバを食べる風習が残る福井県大野市では7月1日、鮮魚店の軒先で、脂の乗ったサバを焼く香ばしい匂いが漂った。
厳しい暑さを乗り切るためサバで精をつけようと、市内外から買い求める客でにぎわった。
同市明倫町の鮮魚・飲食店「うおまさcafe」では、3代目店主の女性(42)ら家族が特設の焼き場で特大のサバを次々と焼き上げた。
グリルでじっくりと焼いた後、仕上げに炭火の上に移すと、切れ目から脂が滴り落ちた。
1、2の両日で約500本を調理し、遠くは九州や北海道にも発送するという。
石川県加賀市から訪れた男性(72)は軒先で焼きたてを味わいながら「脂が乗ってうまいね。炭火の煙と香ばしい匂いが何とも食欲をそそる」と笑顔を見せていた。
江戸時代、大野藩主が田植えに疲れた農民を思いやり、飛び地のあった越前海岸で取れたサバを丸焼きにし、食べさせたのが始まり。

炭火でこんがり焼かれるサバ=7月1日、福井県大野市明倫町の鮮魚・飲食店「うおまさcafe」
https://fki.ismcdn.jp/mwimgs/4/d/600m/img_4ddf4c9ad39a46f5f859c9ab74d0e118460715.jpg

ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
【福井】江戸時代から続く大野の丸焼き(サバ)半夏生に食べて暑さ乗り切る
ツッコミを入れる↑
いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

関連検索
1562049047
現在注目の話題5選 ローカルnews+
  1. 1.08 「京都人は褒めるフリして嫌味」そんなことない 「ぶぶ漬けでも」は都市伝説か 2019/08/30 (377)
  2. 0.03 【今日の特選】熊本市長、熊本地震振り返り「北海道に観光行って」とTwitterで呼びかけ 「涙が出る」「いい人だ」と賛同の声あふれる (21)