ビート 社説+ ☎ヘッドライン 新着 P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

社説+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

ビート で絞込中 解除
2019/09/21/ 20:04:31 News HeadLine
  1. 「文化勲章もらっても立ち小便で捕まりたい!」ビートたけしの頭の中は…!? 2019/08/24 (1)

    1. 全部見る(社説+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 文化勲章
    3. 小便で捕
    4. ビート

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    朝一から閉店までφ ★ [TW](発起人)

    ダ・ヴィンチニュース |

    エンタメ 2019/8/24

    『「さみしさ」の研究』(ビートたけし/小学館)
    https://ddnavi.com/wp-content/uploads/2019/08/samisisaB.jpg

    「孤独」「老い」「死」…超高齢社会となり、世の中全体が袋小路に迷い込んでしまったような印象を受けることがある。その中で、終活や孤独を前向きにとらえる書籍が売れ行きを伸ばすなど、ポジティブな流れがあることも事実だ。昭和、平成、そして令和を迎え、人の価値観もだいぶ変わってきた。時代を駆け抜け、浅草の下積み時代を経て、お笑い界のトップのひとりとして、また、世界的映画監督として、さまざまな視点から世相を見てきた“この人”はどんな風に「今」を斬るのだろうか。

    『「さみしさ」の研究』(ビートたけし/小学館)は、齢(よわい)70を迎えたビートたけしが昨今はやりの“孤独礼賛本”にあえて異議を呈し、「老い」や「孤独」は残酷なものだという考えのもと著したエッセイ。その構成は実にシンプルだ。

    第1章 老い、孤独、そして独立について。
    第2章 友の死、さみしいね。
    第3章 ニッポン社会も老いている。

     自身の所属事務所独立問題から、身近な人たちの死にいたるまでについて、イメージ通りの飾らない言葉で語っている。




    ■「終活ってのは、好きじゃない」毛嫌いするワケは?

     数年前からブームになり、今や定着した感もある「終活」。死んでいく自分、遺された人へのメッセージを記すエンディングノートなども売られるようになっている。しかし、著者は「終活」という言葉は自身の死生観とまるでそぐわないという。


    “終活ってのは、すなわち「死のための準備」ということだろう。そんなことを考えるのは好きじゃない。「自分の死に意味を持たせよう」という臭いがプンプンしてくるからだ。”


     過去に、バイクの事故で生死の境をさまようほどの大怪我をした著者。そんな経験から、自分の命は「もらったもの」だという意識が強いという。死を目の前に控えて、バタバタしたくないという思いがあるのだ。




    ■死刑廃止論を支持する理由

     世の一般的な死刑廃止論者たちは、「死刑は非人道的」「死よりも、生きて償いを」と意見を述べるが、著者が死刑に反対するのはそういった理由からではないそうだ。

    「生きること」と「死ぬこと」はいつも対の関係であり、一生懸命生きようとすればするほど「死」は重みを増していくと著者は考える。だから、懸命に生きようとしない人間にとっては「死」はさほど重要なことではなく、どんどん軽いものになってしまうのではととらえる。

     したがって、命の重みがわからないような罪を犯した人間にとって「極刑」は、周囲の人間が期待するような意味をなさないというのだ。


    “このところの凶悪事件は、「死刑になっても構わないから社会に報復してやりたい、メチャメチャにしてやりたい」というヤツの犯行が目立つ。(中略)本人が「早く死刑にしろ」なんていってやがったのに、望み通りすぐ死刑にしてやったのは大きな間違いだったと思う。”


    「赤信号 みんなで渡れば怖くない」をはじめ、これまで痛烈なブラックユーモアで一世を風靡してきた著者は、今もまだその地位に甘んじることなく進化を続けている。誰にも真似できないその唯一無二の視点で、これからも世の中の常識を斬り続けて欲しい。

    文=銀璃子
    https://ddnavi.com/review/560063/a/
    この記事で紹介した書籍ほか
    「さみしさ」の研究 (小学館新書)
    作家: ビートたけし 出版社: 小学館 発売日: 2018/11/30 ISBN: 9784098253388

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    「文化勲章もらっても立ち小便で捕まりたい!」ビートたけしの頭の中は…!? 2019/08/24
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    「文化勲章もらっても立ち小便で捕まりたい!」ビートたけしの頭の中は…!? 2019/08/24
    関連検索
    1566637878
  2. 【芸能】これまで1度も出演なし! ビートたけしが『24時間テレビ』に出ない理由とは? (1)

    1. 全部見る(社説+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 時間テレビ
    3. ビート
    4. 理由

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    ゆきこひめ ★ [US](発起人)

    npn/article/

    夏の恒例番組といえば、『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)であろう。今年は8月24日から25日にかけて放送される。メインパーソナリティーを務めるのは、来年いっぱいで活動休止を発表している嵐である。さらに、チャリティーパーソナリティに浅田真央、恒例の総合司会は羽鳥慎一と水卜麻美が務める。

     この番組は賛否両論があることで知られる。「感動をもらった」「頑張っている人を見るのが好き」といった好意的な反応がある一方で、「偽善度が強すぎる」「感動の押し売り感がすごい」といった否定的な声もある。裏番組にあたる『バリバラ~障害者情報バラエティー~』(Eテレ)が、2016年に『検証!「障害者×感動」の方程式』として、『24時間テレビ』を批判的に捉える内容を放送し、話題となったのはよく知られている。

     これらに同じく、かねてより『24時間テレビ』を批判的に見ている大物芸能人がいる。それがビートたけしだ。

     「ビートたけしは、これまで一度も『24時間テレビ』には出演していません。もともとバラエティー色の強い『27時間テレビ』(フジテレビ系)に出ているのも、『24時間テレビ』への対抗意識があったためですね。この番組で、たけしは『愛は地球を救わない』といった名フレーズも残しています」(芸能関係者)

     たけしが『24時間テレビ』に否定的なのは、チャリティー番組と銘打ちながら、出演者にギャランティーが支払われていることに矛盾を感じているようだ。これは、たけしならずとも、同番組に向けられる批判である。たけしは80年代にレギュラーを務めていた『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、「出るなら全員ノーギャラにすべき」「あんな偽善番組は大嫌い」と発言している。

     このほかにも、明石家さんま、所ジョージなども同様の理由で、『24時間テレビ』への出演を拒否していると言われている。ただ、過去には裏番組となる『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で、たけしは2017年に「今から走ってきます」と『24時間テレビ』を意識した発言も行っている。やはり「イジり」の対象としては、見ているのかもしれない。

    https://images.npn.co.jp/article/1/1/18/76620618.jpg
    https://npn.co.jp/article/detail/76620618/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【芸能】これまで1度も出演なし! ビートたけしが『24時間テレビ』に出ない理由とは?
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【芸能】これまで1度も出演なし! ビートたけしが『24時間テレビ』に出ない理由とは?
    関連検索
    1566097860
  3. 自分でも新聞を見たとき、生きているのが不思議だと思った (ビートたけし) (1)

    1. 全部見る(社説+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 不思議
    3. 自分
    4. ビート

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    朝一から閉店までφ ★ [US](発起人)

    日刊スポーツ : nik

    ニッカン名言集(^。^)
    日刊スポーツが取材、掲載してきた記事コンテンツから、各時代を象徴的に生きたヒーロー、ヒロイン、それに関わった人々の名言を取り上げます。毎日更新します。

    2019年8月3日7時0分
    自分でも新聞を見たとき、生きているのが不思議だと思った

    ビートたけし


    バイク事故から1カ月半後、退院会見で右顔面マヒの説明をするビートたけし
    https://www.nikkansports.com/sports/column/meigen/news/201908020000285.html



    赤坂御用地わきのカーブを曲がり切れず、ガードレールに接触した。バイク事故は1994年8月2日未明に起きた。顔面をたたきつけられ、頭部に大けがを負った。ビートたけし(北野武)。すでに芸能界のトップに君臨していた。母さきさんは「迷惑をかけました」と目を潤ませた。兄の大さんは病院に駆けつけ、長男はたまたまテレビをつけており「やばいと思った」。
    集中治療室では看護師の呼びかけに「はい」と答えていたが、妻の幹子さんは「私は、休ませてあげたほうがいいと思い、話しかけませんでした」。気丈にしていたが、大さんの姿を見ると泣きだした。退院時の会見では、変形した顔を隠すこともなく日本中が驚いた。
    銀縁めがねをかけスーツ姿のたけしは「自分の不注意でみなさんにご迷惑をかけて申し訳ない」と神妙に話しながらも、「顔面マヒが治らなかったら、顔面マヒナスターズを結成しようと思う」と笑いを取った。すごすぎる芸人魂だ。(lll ̄□ ̄)
    <芸能・1994年8月3日掲載>

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    自分でも新聞を見たとき、生きているのが不思議だと思った (ビートたけし)
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    自分でも新聞を見たとき、生きているのが不思議だと思った (ビートたけし)
    関連検索
    1564787408
  4. 1965年7月23日、ザ・ビートルズの「ヘルプ!」がイギリスでリリース (1)

    1. 全部見る(社説+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. イギリスでリリース
    3. ザ・ビートルズ
    4. ヘルプ

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    朝一から閉店までφ ★ [DE](発起人)

    1242/lf/arti

    2019/07/23 06:40

    【大人のMusic Calendar】

    https://www.1242.com/lf/asset/uploads/2019/07/OMC20190723-1-2.jpg

    日本で一番人気のあるザ・ビートルズの曲は、「ヘルプ!」かもしれない。テレビ東京の人気番組『開運!なんでも鑑定団』のテーマ曲をはじめ、使用される機会は非常に多い。納得だ。とにかくノリがよくてかっこいい(ビートルズ自身、DVD『アンソロジー』のオープニングで使っているし)。英国で1965年7月23日にリリースされた全英全米第1位の強力シングルにして主演映画第2弾のタイトル曲。半世紀以上経った今も燦然と輝く「ヘルプ!」だが、その誕生には物語があった。

    ビートルズの65年は、前年末から続く<アナザー・クリスマス・ショー>という英国での長期公演で幕を開けた。公演は1月16日に終了。“ハード・デイズ”が終わって、彼らは待望の長期休暇を得ることができたのだが、新たな主演映画の制作も決定していた。オフの間にポール・マッカートニーと映画用の曲を作るのか、と質問されたジョン・レノンはこう答えている。

    「難しい。だって、映画のタイトルも決まってないんだから」
     
    休暇が終わると、彼らは2月15日からレコーディングを開始。20日までの6日間でサウンドトラック候補曲を11曲も録音したが、このうち映画に使われたのは6曲だった(アルバム『ヘルプ!』のA面の、「ヘルプ!」以外の曲)。22日には最初のロケ地のバハマへ向かい、翌23日にクランクイン。3月9日にはバハマ・ロケが完了し11日にロンドンへ戻ると、13日には次のロケ地のオーストリアのザルツブルクへ移動し、翌14日からアルプスでロケを敢行。22日に英国へ戻ると24日からはロンドンでロケが再開という忙しさだった。

    だが、まだ主題歌ができていない。当初、映画のタイトルは、<エイト・アームズ・トゥ・ホールド・ユー>とされていたが、ジョンにはその曲が作れなかった。いや、作らなかった。おそらく、“こんなタイトルは絶対に変えてやる”と思っていたのではないか。衝撃的なプロテスト・ソングやメッセージ・ソングを次々に発表していたボブ・ディランがとてもかっこよく見えていた。嫉妬さえしていただろう。そんなジョンが“君を抱きしめる8本の腕”なんて歌うアイドル屋をやるわけがなかった(そうは言っても、日本では映画は『4人はアイドル』と名付けられたのだが)。

    4月に入ると映画のタイトルが変更された。新タイトルは『ヘルプ!』。カルト教団に追いかけられ逃げ回るビートルズ。そんなストーリーから生まれたタイトルだった。発案者について、ポールは“ジョンか、(監督の)リチャード・レスターだったと思う”、製作者のウォルター・シェンソンは“レスター監督の奥さん”と回想している。

    ジョンとポールは、ジョンの家で直ちにこのタイトルの曲作りに取り組んだ。曲が作られたのが4月4日で、レスター監督によれば“タイトルが『ヘルプ!』に決定した30時間後には二人が曲を持って来た”とのこと(逆算すると、タイトルが決定したのは4月2日か3日)。

    “こういう曲を書きたい”というシチュエイションではなく、「ヘルプ!」という名の映画主題歌を書かなければならないという使命感・義務感から生まれた曲だ。もし最初にもう少し気の利いたタイトルが考案されていたら、この稀代の名曲は生まれなかった可能性もある。たわいのないタイトルを考えたスタッフには感謝をするべきかもしれない。それより、そういう流れをプラスにして最高の曲をものにする、ジョンとポールの力がすごすぎる。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    http://www.1242.com/lf/articles/188628/?cat=entertainment&feat=music_calendar

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    1965年7月23日、ザ・ビートルズの「ヘルプ!」がイギリスでリリース
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    1965年7月23日、ザ・ビートルズの「ヘルプ!」がイギリスでリリース
    関連検索
    1563831943

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20