反応 社説+ ☎ヘッドライン 新着 P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

社説+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

反応 で絞込中 解除
2019/06/26/ 17:39:42 News HeadLine
  1. 世論の反応「うれしい」=令和揮毫の茂住氏 (1)

    1. 全部見る(社説+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 令和揮毫
    3. 茂住氏
    4. 反応

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    朝一から閉店までφ ★ [EU](発起人)

    時事ドットコム

    2019年05月18日13時01分
     新元号「令和」の記者発表の際に掲げられた墨書を揮毫(きごう)したのは書道家の茂住修身氏(63)=雅号・菁邨=。新任閣僚の認証式で手渡される官記(辞令)を手掛けるなどしてきた内閣府の「辞令専門職」だ。新元号への世論の反応はおおむね好意的。大役を果たし、「国民に受け入れられているようで、うれしい」と振り返る。

     「墨は何十年の時を経ても色あせない」。元号が発表された4月1日の前夜、自宅で5時間かけて墨をすった。
     数週間前までは、自身が筆を執るかどうかさえ分からなかったが、「誰が書くことになっても、良いものを使ってもらいたい」と、和紙の一種「奉書紙」の中から特に書きやすいものを探した。さらに、墨の乾きによるヨレを防ぐため、2枚の紙を貼り合わせ、厚みを持たせる工夫を凝らした。
     揮毫当日、特別な筆も用意したが、いざ書いてみると使い慣れた「いつもの筆」がしっくりきた。「女性が『同じメークはできない』と話すように、私も、同じ文字は二度と書けない」
     「令」の字の最後の一画を真っすぐ下ろす活字体を選んだのは、誰にでも分かりやすいように書いてほしいとの要請があったためだ。いつも書き終えた後は、「もっと上手に書けるのではないか。書き直したい」との思いに駆られる。「令和」に対しても、額に収めた直後から同じ気持ちがわき上がってきたという。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051800139&g=soc

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    世論の反応「うれしい」=令和揮毫の茂住氏
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    世論の反応「うれしい」=令和揮毫の茂住氏
    関連検索
    1558168746

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20