文化破壊 芸スポ速報+ ☎ヘッドライン 勢い P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

芸スポ速報+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

文化破壊 で絞込中 解除
2019/04/20/ 01:46:36 News HeadLine
  1. 【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★8 (1)

    1. 全部見る(芸スポ速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 美人銭湯絵師
    3. 文化破壊
    4. 背景

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    江戸領内小仏蘭西藩 ★(発起人)

    ニューズウィーク日本版

    2019年4月17日(水)18時30分 newsweekjapan 内村コースケ
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11993.php
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/04/180328029_Ed01-thumb-720xauto-157926.jpg
    東京都立小金井公園内「江戸東京たてもの園」で歴史的建造物として一般公開されている「子宝湯」のペンキ絵=内村コースケ撮影

    (略)消えゆく昭和の庶民文化の一つに数えられる銭湯の「ペンキ絵」の界隈で、過去最大級の盗作疑惑がインターネット上で炎上している。
    3人しかいない銭湯絵師の1人の愛弟子を名乗っていたアーティスト兼モデルの勝海麻衣(かつみ・まい)氏(25)の作品のほとんどが、実は他の作家の作品の「パクリ」だったという衝撃的な疑惑だ>

    ◇ ライブペインティングの絵が著名イラストレーターの作品に酷似

    勝海麻衣氏は、東京芸大の現役大学院生として絵画やデザインを学びながら、モデル業もこなすマルチタレント。アップル・コンピュータのCM出演などメジャーな実績もある売出し中の若手だ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒で、卒業制作の人物群像のインスタレーション作品で優秀賞を獲得。その作品による個展も開いている。
    メジャーバンドのCDのジャケットデザインを手がけるなど、グラフィックデザイナーとしての活動もある。端正な顔立ちとスタイルを活かしたモデル業では、パリで開かれたコシノ・ジュンコ主催のファッションショーへの出演などが実績に挙げられている。

    この「アーティスト兼モデル」業に色を添えるのが「銭湯絵師見習い」の肩書だ。2017年9月に、今や日本に3人しかいない銭湯絵師のうち、最高齢の丸山清人氏(84)に弟子入り。(略)

    その勝海氏に、盗作疑惑が持ち上がったのは、大正製薬の炭酸飲料のPRイベントで行ったライブペインティングがきっかけだった。
    (略)
    イベントを主催した大正製薬は、謝罪文を発表し、公式アカウントから作品関連の投稿を削除する事態となった。その後、勝海氏を起用した別の企業のCM動画が削除されるなど、影響は多方面に広がっている。

    ◇「お騒がせ」したことを謝罪→炎上
    (略)
    本人は、「先日、私が参加させて頂いたイベントにて描いた絵が他の作品に酷似しているというご指摘を頂戴いたしました。まずはお騒がせし、ご迷惑をおかけしたこと心よりお詫び申し上げます」と、公式アカウントに謝罪ツイートを掲載したが、これが<世間を騒がせたと言っているだけでパクリは認めていない。全く謝罪になっていない>と、炎上したのだ。
    猫将軍氏に直接宛てた謝罪メールと大正製薬の謝罪文も、同様にも受け止められる内容だった。さらに、これらの謝罪文がテキストではなく画像として貼り付けられていたことも、「検索避け」だとして非難された。

    そこからの「匿名の集団の力」は凄まじく、匿名掲示板「5ちゃんねる」には関連スレッドが次々と立ち、勝海氏の過去の絵画・デザイン作品が次々と掘り起こされていった。
    そして、詳細な比較画像と共に、インターネット上で検索できるほとんど全ての勝海作品が国内外のアーティストの作品を模倣した「パクリ」だと"認定"される事態となった。
    作者本人からの抗議を受け、SNS上から削除された作品も出た。さらには、絵画だけでなく、勝海氏が日常の何気ない出来事を語ったツイートの中にも、他人のツイートをコピーして一部改変した「パクツイ」が多く見つかり、衝撃が走った。

    ◇ 掘れば掘るほど膨らむ「虚像」

    勝海氏自身は、件のライブペインティングについて、銭湯絵師見習いではなく、独立したアーティストとしての活動だと語っている。
    しかし、イベントには、丸山氏と共に行動する際に身に着けているペンキの汚れが飛び散ったズボンと、名前入りの紺の手ぬぐい姿の「銭湯絵師見習い」のコスチュームで臨んでいた。
    騒動後、丸山氏は、公式HPで勝海氏の方から申し出があったとして、師弟関係の解消と、今後の勝海氏の銭湯絵師としての活動には一切関知しない旨の声明を発表した。

    「パクリ」が指摘されている無数の勝海氏の絵は、元絵と比べてお世辞にもレベルが高いものとは言い難い。陰影や反射などの細部の模倣も多く、「インスパイアを受けてアレンジした」という言い訳は効きそうもない。
    強調されている「芸大」の学歴も、実際に通っているのは学部よりも入学が容易とされる大学院であり、卒業したのは入試の難易度という点では東京芸大よりもランクが落ちる私大だ。
    ※ 抜粋 全文は記事で
    ★1: 2019/04/17(水) 20:16:41.53

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555604042/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★8
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★8
    関連検索
    1555654924
  2. 【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★7 (1)

    1. 全部見る(芸スポ速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 美人銭湯絵師
    3. 文化破壊
    4. 背景

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    muffin ★(発起人)

    ニューズウィーク日本版

    2019年4月17日(水)18時30分 newsweekjapan 内村コースケ
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11993.php
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/04/180328029_Ed01-thumb-720xauto-157926.jpg
    東京都立小金井公園内「江戸東京たてもの園」で歴史的建造物として一般公開されている「子宝湯」のペンキ絵=内村コースケ撮影

    (略)消えゆく昭和の庶民文化の一つに数えられる銭湯の「ペンキ絵」の界隈で、過去最大級の盗作疑惑がインターネット上で炎上している。
    3人しかいない銭湯絵師の1人の愛弟子を名乗っていたアーティスト兼モデルの勝海麻衣(かつみ・まい)氏(25)の作品のほとんどが、実は他の作家の作品の「パクリ」だったという衝撃的な疑惑だ>

    ◇ ライブペインティングの絵が著名イラストレーターの作品に酷似

    勝海麻衣氏は、東京芸大の現役大学院生として絵画やデザインを学びながら、モデル業もこなすマルチタレント。アップル・コンピュータのCM出演などメジャーな実績もある売出し中の若手だ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒で、卒業制作の人物群像のインスタレーション作品で優秀賞を獲得。その作品による個展も開いている。
    メジャーバンドのCDのジャケットデザインを手がけるなど、グラフィックデザイナーとしての活動もある。端正な顔立ちとスタイルを活かしたモデル業では、パリで開かれたコシノ・ジュンコ主催のファッションショーへの出演などが実績に挙げられている。

    この「アーティスト兼モデル」業に色を添えるのが「銭湯絵師見習い」の肩書だ。2017年9月に、今や日本に3人しかいない銭湯絵師のうち、最高齢の丸山清人氏(84)に弟子入り。(略)

    その勝海氏に、盗作疑惑が持ち上がったのは、大正製薬の炭酸飲料のPRイベントで行ったライブペインティングがきっかけだった。
    (略)
    イベントを主催した大正製薬は、謝罪文を発表し、公式アカウントから作品関連の投稿を削除する事態となった。その後、勝海氏を起用した別の企業のCM動画が削除されるなど、影響は多方面に広がっている。

    ◇「お騒がせ」したことを謝罪→炎上
    (略)
    本人は、「先日、私が参加させて頂いたイベントにて描いた絵が他の作品に酷似しているというご指摘を頂戴いたしました。まずはお騒がせし、ご迷惑をおかけしたこと心よりお詫び申し上げます」と、公式アカウントに謝罪ツイートを掲載したが、これが<世間を騒がせたと言っているだけでパクリは認めていない。全く謝罪になっていない>と、炎上したのだ。
    猫将軍氏に直接宛てた謝罪メールと大正製薬の謝罪文も、同様にも受け止められる内容だった。さらに、これらの謝罪文がテキストではなく画像として貼り付けられていたことも、「検索避け」だとして非難された。

    そこからの「匿名の集団の力」は凄まじく、匿名掲示板「5ちゃんねる」には関連スレッドが次々と立ち、勝海氏の過去の絵画・デザイン作品が次々と掘り起こされていった。
    そして、詳細な比較画像と共に、インターネット上で検索できるほとんど全ての勝海作品が国内外のアーティストの作品を模倣した「パクリ」だと"認定"される事態となった。
    作者本人からの抗議を受け、SNS上から削除された作品も出た。さらには、絵画だけでなく、勝海氏が日常の何気ない出来事を語ったツイートの中にも、他人のツイートをコピーして一部改変した「パクツイ」が多く見つかり、衝撃が走った。

    ◇ 掘れば掘るほど膨らむ「虚像」

    勝海氏自身は、件のライブペインティングについて、銭湯絵師見習いではなく、独立したアーティストとしての活動だと語っている。
    しかし、イベントには、丸山氏と共に行動する際に身に着けているペンキの汚れが飛び散ったズボンと、名前入りの紺の手ぬぐい姿の「銭湯絵師見習い」のコスチュームで臨んでいた。
    騒動後、丸山氏は、公式HPで勝海氏の方から申し出があったとして、師弟関係の解消と、今後の勝海氏の銭湯絵師としての活動には一切関知しない旨の声明を発表した。

    「パクリ」が指摘されている無数の勝海氏の絵は、元絵と比べてお世辞にもレベルが高いものとは言い難い。陰影や反射などの細部の模倣も多く、「インスパイアを受けてアレンジした」という言い訳は効きそうもない。
    強調されている「芸大」の学歴も、実際に通っているのは学部よりも入学が容易とされる大学院であり、卒業したのは入試の難易度という点では東京芸大よりもランクが落ちる私大だ。
    ※ 抜粋 全文は記事で
    ★1: 2019/04/17(水) 20:16:41.53

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555580607/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★7
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【News Week】東京藝大・現役院生タレント盗作騒動…“美人銭湯絵師”、「虚像」による文化破壊の背景★7
    関連検索
    1555604042

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20