池江璃花子 芸スポ速報+ ☎ヘッドライン 勢い P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

芸スポ速報+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

池江璃花子 で絞込中 解除
2019/09/15/ 22:53:00 News HeadLine
  1. 【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声 (1)

    1. 全部見る(芸スポ速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 池江璃花子
    3. 心配
    4. 治療

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    砂漠のマスカレード ★(発起人)

    Yahoo!ニュース

    競泳の池江璃花子選手(19才)が2月に白血病を公表してから7か月。彼女のSNSでは、更新は数少ないながらも元気そうな姿が見られ、順調に回復している様子がうかがえた。

    その様子にファンは応援コメントを寄せていたが、なべおさみによる「手かざし療法」を受けていると報じられると一転、ネットユーザーからは心配する声が出ている。

    9月5日、NEWSポストセブンが配信した「池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か」という記事では、
    池江選手が彼の「手かざし療法」を受けるために自宅を訪れたことを伝えている。

    「手かざし療法」とは何か? 2015年に出版されたなべの著書『昭和の怪物 裏も表も芸能界』(講談社)によると、
    手をかざしながら相手の体に語りかけることで、相手の「病の気」がなべの体に移り、本人は肉体の回復を見る“治療”だという。

    同誌には、池江選手を知る友人が、「高校時代から池江さんは、自分の力を信じて努力を続けてきた人です。
    スピリチュアルなこととはまるで無縁で、ゲン担ぎをするタイプでもなかった。だから、今回の一件には本当に驚きました」とコメントしている。

    この報道により、ネットには次のような声が上がっている。

    《おもうように回復してないのかな?心配です。》
    《病状が相当深刻な様子が見てとれる。》
    《この手かざしだけに傾倒されなければいいですけれど。》

    過去には、芸能人がさまざまな民間療法に傾倒したケースが多くある。

    最近のケースでは、2017年6月に乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)が「水素温熱免疫療法」や「酵素風呂」、「ジュースクレンズ」を試していたと報じられている。

    2015年9月に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、純金の棒で全身をこする「ごしんじょう療法」や、「がん放置療法」を受けたとされ、
    昨年8月に乳がんで亡くなったさくらももこさん(享年53)は、症状に合わせた周波数の波動を受けることで、自然治癒力や生命力を高める「バイオレゾナンス」というドイツ発祥の治療法を受けていたと報じられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00000011-pseven-ent
    9/10(火) 16:00配信

    https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201909060000930-w500_0.jpg
    https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190909-OYT1I50012-1.jpg
    https://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2019090801001768.jpg
    https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201909060000930-w500_5.jpg

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声
    関連検索
    1568241529
  2. 【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声 ★2 (1)

    1. 全部見る(芸スポ速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 池江璃花子
    3. 心配
    4. 治療

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    砂漠のマスカレード ★(発起人)

    Yahoo!ニュース

    競泳の池江璃花子選手(19才)が2月に白血病を公表してから7か月。彼女のSNSでは、更新は数少ないながらも元気そうな姿が見られ、順調に回復している様子がうかがえた。

    その様子にファンは応援コメントを寄せていたが、なべおさみによる「手かざし療法」を受けていると報じられると一転、ネットユーザーからは心配する声が出ている。

    9月5日、NEWSポストセブンが配信した「池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か」という記事では、
    池江選手が彼の「手かざし療法」を受けるために自宅を訪れたことを伝えている。

    「手かざし療法」とは何か? 2015年に出版されたなべの著書『昭和の怪物 裏も表も芸能界』(講談社)によると、
    手をかざしながら相手の体に語りかけることで、相手の「病の気」がなべの体に移り、本人は肉体の回復を見る“治療”だという。

    同誌には、池江選手を知る友人が、「高校時代から池江さんは、自分の力を信じて努力を続けてきた人です。
    スピリチュアルなこととはまるで無縁で、ゲン担ぎをするタイプでもなかった。だから、今回の一件には本当に驚きました」とコメントしている。

    この報道により、ネットには次のような声が上がっている。

    《おもうように回復してないのかな?心配です。》
    《病状が相当深刻な様子が見てとれる。》
    《この手かざしだけに傾倒されなければいいですけれど。》

    過去には、芸能人がさまざまな民間療法に傾倒したケースが多くある。

    最近のケースでは、2017年6月に乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)が「水素温熱免疫療法」や「酵素風呂」、「ジュースクレンズ」を試していたと報じられている。

    2015年9月に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、純金の棒で全身をこする「ごしんじょう療法」や、「がん放置療法」を受けたとされ、
    昨年8月に乳がんで亡くなったさくらももこさん(享年53)は、症状に合わせた周波数の波動を受けることで、自然治癒力や生命力を高める「バイオレゾナンス」というドイツ発祥の治療法を受けていたと報じられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00000011-pseven-ent
    9/10(火) 16:00配信

    https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201909060000930-w500_0.jpg
    https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190909-OYT1I50012-1.jpg
    https://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2019090801001768.jpg
    https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201909060000930-w500_5.jpg

    前スレ                     2019/09/12(木) 07:38
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568241529/

    https://www.youtube.com/watch?v=4Z1syx2bhwg
    【 #水泳】池江璃花子がインカレ応援

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声 ★2
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【水泳】「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声 ★2
    関連検索
    1568413956

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20