研究 ニュース速報+ ☎ヘッドライン 勢い P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

ニュース速報+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

研究 で絞込中 解除
2019/01/17/ 09:45:49 News HeadLine
  1. 【研究】肺がん細胞ほぼ死滅させることに成功  分子標的薬と阻害薬併用…金大の矢野教授らグループ (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 阻害薬併用
    3. 分子標的薬
    4. 矢野教授

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    プティフランスパン ★(発起人)

    hokkoku/subp

    2019/01/17 01:50
    https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190117101.htm
    https://www.hokkoku.co.jp/images/H20190117101_1main.jpg
    肺がんの根治が期待される研究成果を発表する矢野教授(左)=金大角間キャンパス

     日本人に多いタイプの、肺がんの細胞をほぼ死滅させることに成功したと、金大がん進展制御研究所/ナノ生命科学研究所の矢野聖二教授らの研究グループが16日発表した。がん細胞の増殖に関わる分子を狙い撃ちする分子標的薬と、がん細胞の活性化を抑える阻害薬の併用が有効であることを突き止めた。

     年間死者数が7万人超と、がんの中で最も多い肺がんの根治に結び付くと期待される。金大角間キャンパスで会見した矢野教授は「今後、副作用が少なく効きやすい阻害薬を開発し、分子標的薬と併用する臨床研究を進めたい」と述べた。研究成果は同日、英国科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。

     研究グループは、肺がんの4分の1を占める「EGFR遺伝子」に変異が生じたケースを分析。最新の分子標的薬「オシメルチニブ(商品名タグリッソ)」を使うと、腫瘍は縮小するものの、一部はAXL(アクセル)と呼ばれるタンパク質を活性化して生き延びることが分かった。

     この分子標的薬とAXL阻害薬を併用すると、がん細胞はほぼ死滅した。マウスを使った実験などでは、がんの再発を著しく遅らせることも分かった。

     分子標的薬は70~80%の確率で腫瘍を縮小させるものの、一部が生き残り、残存した細胞が薬への耐性を獲得して再発するのが課題となっている。これまで、耐性を持つがん細胞に効く新たな分子標的薬が開発されてきたが、それにも耐性が生じ、いたちごっこが続いている。

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【研究】肺がん細胞ほぼ死滅させることに成功  分子標的薬と阻害薬併用…金大の矢野教授らグループ
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【研究】肺がん細胞ほぼ死滅させることに成功  分子標的薬と阻害薬併用…金大の矢野教授らグループ
    関連検索
    1547661221
  2. 【研究】花の蜜を吸うチョウは花より先に地球上に生息していた (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 地球上
    3. チョウ
    4. 生息

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    ニライカナイφ ★(発起人)

    advances.sci

    ◆ 花の蜜を吸うチョウは花より先に地球上に生息していた可能性

    蝶(チョウ)や蛾(ガ)は花の蜜や水分を吸うための長いストロー状の口である「口吻」を持っています。
    これまでは植物の中に花が登場したことで、チョウやガのような口吻を持つ生物が登場するようになっていったと考えられていましたが、最新の研究論文によるとチョウは花が存在する前から地球に生息していたようです。

    化石の中に昆虫由来の斑点のようなものが存在することは長らく知られていましたが、これまでの化石調査では、生態系を調べるために花粉や胞子に焦点を当てる研究がメインでした。
    しかし、最新の研究ではドイツ北部で採掘された化石サンプルから、チョウやガの体を覆う鱗粉が化石化したものが発見され、話題となっています。

    発掘された化石をオランダのユトレヒト大学の大学院生であるティモ・ファン・エルディク氏らが詳細に分析したところ、何と約2億1000万年前のチョウやガの鱗粉であることが明らかになっています。
    約2億1000万年前というのは三畳紀後期からジュラ紀初期にかけての時代。
    なお、化石を分析したところ、鱗粉は太古のチョウもしくはガの羽・体・足部分を覆っていたものであることが明らかになっています。

    エルディク氏ら研究チームが鱗粉の化石を分析するために使用したのが、先端に人の鼻毛が付いた針および、非常に強力な顕微鏡です。
    New York Timesのインタビューの中でエルディク氏は、「鼻毛は花粉やチョウの鱗粉を得るのにちょうどいい長さと弾力を持っています。鼻毛は教授からもらったので、私はこれが誰の鼻毛かを知りません。多分尋ねないほうがいいでしょうね」と、実験に使用された一風変わった器材について語っています。

    化石は地表から300メートル以上掘り進めた地点で見つかった標本70個を調査する中で見つかっており、光学顕微鏡で調べたところ鱗粉は花弁状構造をしており、ヘリンボーンのような網目模様をしていたそうです。
    なお、これまで見つかった最古の鱗粉の化石は約1億2900万年前のものでした。

    従来の研究では、鱗粉の構造から初期のチョウやガは「食べ物を食べるための大顎」を持っていたと推定されていました。
    しかし、エルディク氏が再度鱗粉の化石を分析したところ、チョウやガの「口吻」部分でだけ見られる「鱗粉の隙間」が見つかったそうです。

    これについてエルディク氏は、「鱗粉の構造に隙間があるということは、(大顎が口吻に変化したのではなく)それ以前のチョウやガの口吻部分で大きな変化が起きたに違いないということを示しています」とインタビューの中で語っています。

    エルディク氏らの分析によると鱗粉の化石は約2億1000万年前のものだそうですが、花を開く開花植物が登場するのは約1億4千万~1億6千万年前とされています。
    つまり、今回発表された研究論文は初期のチョウやガは花が登場するよりも先に地球に生息していたことを示すものとなります。

    そうなると、現在は花の蜜を吸うために使用されている口吻が、初期はどのような目的で使用されていたのかという謎が残るわけですが、これについて研究者たちは「ジュラ紀に誕生した植物の中でも最もポピュラーな裸子植物の花粉を食べるために使用されていたのでは」と推測しています。

    A Triassic-Jurassic window into the evolution of Lepidoptera | Science Advances
    http://advances.sciencemag.org/content/4/1/e1701568

    Triassic Butterfly Park? - Scientific American
    https://www.scientificamerican.com/article/triassic-butterfly-park/

    The Oldest Known Butterflies Existed Before Flowers | Smart News | Smithsonian
    https://www.smithsonianmag.com/smart-news/oldest-known-butterflies-existed-flowers-180967805/

    (写真)
    https://i.gzn.jp/img/2019/01/15/butterflies-earliest-evidence/00_m.jpg
    https://i.gzn.jp/img/2019/01/15/butterflies-earliest-evidence/ye.jpg
    https://i.gzn.jp/img/2019/01/15/butterflies-earliest-evidence/aaron.jpg

    GIGAZINE 2019年01月15日 20時00分
    https://gigazine.net/news/20190115-butterflies-earliest-evidence/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【研究】花の蜜を吸うチョウは花より先に地球上に生息していた
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【研究】花の蜜を吸うチョウは花より先に地球上に生息していた

    ニライカナイφ ★ [advances.sci]
    2019/01/17/ 05:01:25 5時間 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  3. 【宇宙の危機】銀河系と大マゼラン雲、20億年後に「大衝突」 英研究 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 大マゼラン雲
    3. 億年後
    4. 英研究

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    みつを ★(発起人)

    CNN.co.jp

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35131234.html

    銀河系と大マゼラン雲、20億年後に「大衝突」 英研究
    2019.01.14 Mon posted at 15:38 JST


    (CNN) 今から20億年後、宇宙空間で大マゼラン雲と銀河系の大衝突が発生する――。英国の研究チームがこのほど、天文学会誌にそんな説を発表した。衝突の影響は長期間にわたって続き、太陽系が銀河系から吹き飛ばされて宇宙空間を突き抜ける可能性もあるとしている。

    これまでの研究では、アンドロメダ星雲が今から80億年後に銀河系に衝突するという説が発表されていたが、大マゼラン雲の衝突はそれよりもずっと早い時期に起きることになる。
    銀河系の周辺では、規模の小さい衛星銀河が幾つも公転しており、そうした衛星銀河はいずれ銀河系に衝突し、のみ込まれる可能性がある。

    大マゼラン雲が伴銀河となったのは比較的新しく、銀河系からの距離は16万3000光年で、地球から見える衛星銀河の中では最も明るい。これまでの観測では、今後も現在の軌道にとどまり続けるか、銀河系の重力から遠ざかっていくと思われていた。

    しかし新たな観測の結果、大マゼラン雲の質量は、これまでの推定よりはるかに大きいことが分かった。この質量のためにエネルギーが失われ、銀河系との衝突を引き起こすと研究チームは予想する。

    「大マゼラン雲が銀河系にのみ込まれれば、私たちの銀河に大混乱を引き起こす。中心部にあるブラックホールが目を覚まして、私たちの銀河を『活動銀河核』、あるいはクエーサーへと変えてしまう」。論文を発表した英ダラム大学のマリウス・コータン氏はそう解説する。

    「この現象によって、ブラックホールのすぐ外側から高エネルギー放射線が強力に噴出される」「その影響は太陽系には及ばないものの、我々が2つの銀河の衝突の影響を免れられない可能性もわずかにあり、太陽系が銀河系から星間空間へとはじき出されるかもしれない」(コータン氏)
    (リンク先に続きあり)

    20億年後に大マゼラン雲と銀河系の衝突が発生するとの研究結果が発表された/Sriram Murali/CNN iReport
    https://www.cnn.co.jp/storage/2019/01/14/69157538df01988e56ecf0326084f45c/t/768/432/d/milky-way-grand-canyon-irpt.jpg

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【宇宙の危機】銀河系と大マゼラン雲、20億年後に「大衝突」 英研究
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【宇宙の危機】銀河系と大マゼラン雲、20億年後に「大衝突」 英研究
    関連検索
    1547462640
    みつを ★ [CNN.co.jp]
    2019/01/14/ 19:44:00 3日 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  4. 【科学】「協調性が低い人の性格」 脳内の酵素が関連か 理化学研究所が解析 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 理化学研究所
    3. 協調性
    4. 関連

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    次郎丸 ★(発起人)

    デイリースポーツ onl

    脳内酵素、協調性と関連か 理化学研究所が解析
    2019.1.15(Tue)
    https://www.daily.co.jp/society/science/2019/01/15/0011981778.shtml

     女性ホルモンを作り出す「アロマターゼ」という酵素の量が、脳の特定の部位で多い人ほど、協調性が低い傾向にあることが分かったと、理化学研究所生命機能科学研究センターの渡辺恭良チームリーダーらが15日、神戸市で発表した。人の性格を生み出す仕組みや、多様な性格への理解につながるとしている。

     チームは、成人男女約20人を対象に、陽電子放射断層撮影装置(PET)で脳内のアロマターゼの分布や量を解析し、攻撃性や協調性などの性格を測定する質問紙に回答してもらって調べた。

     その結果、男女とも脳の視床という部位にアロマターゼが多い人ほど、協調性が低かった。

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【科学】「協調性が低い人の性格」 脳内の酵素が関連か 理化学研究所が解析
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【科学】「協調性が低い人の性格」 脳内の酵素が関連か 理化学研究所が解析
    関連検索
    1547548402
  5. 【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 人種差別発言で名誉職剥奪
    3. 黒人で遺伝性
    4. 知性

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    みつを ★(発起人)

    CNN.co.jp

    https://www.cnn.co.jp/usa/35131231.html

    DNA研究の米ノーベル賞受賞者、人種差別発言で名誉職剥奪
    2019.01.14 Mon posted at 12:00 JST

    (CNN) DNA研究のパイオニアとしてノーベル賞を受賞した米科学者のジェームズ・ワトソン氏(90)が、人種差別的な発言を繰り返したとして、かつて自らが所長を務めていた研究所の名誉職を剥奪(はくだつ)された。

    ワトソン氏は1950年代、フランシス・クリック氏と共同で、DNAの二重らせん構造を発見した人物。今月2日に放送されたPBSのドキュメンタリーの中で、白人と黒人の知能検査では、遺伝子に起因する知性の差が出ると発言した。

    ワトソン氏が1968年から93年まで所長を務めた米ニューヨークのコールド・スプリング・ハーバー研究所(CSHL)は、この発言を「事実無根の見境ない個人的意見」と位置付け、「科学的な裏付けを欠く非難すべき」発言と形容。「偏見の正当化を目的とした科学の不正利用」だとして非難した。

    ワトソン氏は2007年の英紙サンデー・タイムズでも、「アフリカの展望については本質的に悲観的」な見解を持っていると述べ、「我々の社会政策は、彼らの知性が我々と同じだという事実に基づいている。だがそうでもないことが、あらゆるテストで示されている」と主張。誰もが平等であることは望ましいが、「黒人従業員を相手にしなければならない人たちには、それが真実ではないことが分かっている」と言い放っていた。
    この発言をきっかけにCSHLはワトソン氏の役職を解いたものの、これまで名誉職は維持していた。

    同氏は2007年の発言について謝罪したものの、今回のPBSのドキュメンタリーでは、自身の見解は変わらないと述べていた。

    同氏は過去にも問題発言を連発し、1997年のサンデー・テレグラフ紙では、胎児に同性愛の遺伝子が見つかった場合などは、人工妊娠中絶を認めるべきだと語っていた。

    科学者のジェームズ・ワトソン氏。コールド・スプリング・ハーバー研究所が同氏の名誉職をはく奪した/Getty Images
    https://www.cnn.co.jp/storage/2019/01/14/00ab67863830d62db6e9425085775a4c/t/768/432/d/james-watson-dna-horizontal.jpg

    ★1のたった時間
    2019/01/14(月) 21:04:44.31

    前スレ
    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547479570/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4
    関連検索
    1547493150
    みつを ★ [CNN.co.jp]
    2019/01/15/ 04:12:30 2日 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  6. 【大きさは物を言う】ヤドカリのペニス、貝泥棒対策で長さ進化 研究 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 貝泥棒対策で長
    3. ヤドカリ
    4. ペニス

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    みつを ★(発起人)

    AFPBB News

    http://www.afpbb.com/articles/-/3206701?act=all

    ヤドカリのペニス、貝泥棒対策で長さ進化 研究
    2019年1月16日 21:08 
    発信地:東京 [ 日本 アジア・オセアニア ]

    【1月16日 AFP】大きさは物を言う──少なくとも、ある種のヤドカリにとっては事実だ。自分の家から出ないでセックスをするため、自分のペニスをより長く進化させてきたとみられるヤドカリたちのことだ。

     ヤドカリは貝殻(宿貝)の中に住んでいる。だが、生殖行為に気を取られている間、このすみかを他のヤドカリに奪われてしまう危険があるのだ。特に貝殻の中の構造を取り払うなど住みやすいように「リフォーム」してある場合、その脅威はずっと深刻だ。改築によって中の空洞が広く快適になるのはいいが、背中から殻が外れやすくもなってしまう。情熱的な行為の真っ最中ならなおさらだ。

     家泥棒の被害に遭いやすいヤドカリは「安心してセックスができるように」ペニスをより長く進化させていったのか、またヤドカリのペニスのサイズは家の大きさと果たして関係があるのかどうか、米ダートマス大学(Dartmouth College)生物科学部のマーク・ライドレ(Mark Laidre)助教は研究を始めた。

     ライドレ氏は16日、研究結果を英国王立協会(Royal Society)の科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に発表し、そこで「公共(パブリック)財産とプライベートな局部」という説を提唱した。

     ライドレ氏の仮説は「理論的にはペニスが長ければ、体の他の部分はしっかりと自分の家を陣取りながらでも交尾相手と接触することが可能で、交尾中の横取りから財産を守ることができるはず」というもの。

     この説を検証するため、ライドレ氏は気の進まない作業に着手した。博物館にあった様々な種類のヤドカリ328標本について、ペニスの身体測定を行ったのだ。仮説通りならば、貝殻の内部を改造して広くしてあるヤドカリほどペニスは長いはずだ。

     結果はその通りだった。標本のヤドカリは宿貝の使い方により3つのグループに分かれた。第1グループはリフォームした貝殻に住むオカヤドカリの仲間、第2グループはリフォームしていない貝殻に住むヤドカリ、残りは大人になると殻を使わなくなるヤドカリで、体の大きさに対してペニスが最も大きかったのは第1グループだった。

     ライドレ氏はヤドカリのペニスの長さについて「その他すべての仮説はこの説にはかなわない」と自負している。(c)AFP/Sara HUSSEIN

    ヤドカリ(2013年9月6日撮影、資料写真)。(c)Jacques DEMARTHON / AFP
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/d/-/img_ddc1aab418bfcfe8210799bb5c9bd0e3127434.jpg

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【大きさは物を言う】ヤドカリのペニス、貝泥棒対策で長さ進化 研究
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【大きさは物を言う】ヤドカリのペニス、貝泥棒対策で長さ進化 研究
    関連検索
    1547664703
    みつを ★ [AFPBB News]
    2019/01/17/ 03:51:43 6時間 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  7. 【健康】「座る代わりに軽い運動」で早死にのリスク低減 米研究 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. リスク低減
    3. 米研究
    4. 早死

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    みつを ★(発起人)

    CNN.co.jp

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35131335.html

    「座る代わりに軽い運動」で早死にのリスク低減 米研究
    2019.01.16 Wed posted at 13:22 JST


    (CNN) 座った姿勢で長時間過ごす生活は体に悪いことが盛んに指摘されるなか、30分間座っている代わりに軽く体を動かすだけで早死にのリスクが下がるとの研究結果が新たに報告された。

    米コロンビア大学医療センターのキース・ディアス助教らが、専門誌「米疫学ジャーナル(AJE)」の最新号に発表した。
    チームは2009~13年に45歳以上の米国人7999人の身体活動量をモニターで追跡したデータを分析し、座っている時間に体を動かした場合の死亡率をシミュレーションした。

    その結果、1日のうちに座っている30分間を軽い運動に置き換えるだけで、早死にのリスクが17%下がることが分かった。さらに中程度から激しい運動に置き換えれば、リスクは35%低減するという。

    ディアス氏によると、例えば廊下を歩き回るだけでも軽い運動に相当する。ごく短時間でも体を動かせば、効果が期待できるという。

    「階段の上り下りを10分続けるほどの運動は無理でも、自分の席から一番遠いトイレまで歩いたり、会議の時に歩きながら話したりすることはできるでしょう」と、同氏は提案する。

    これまでの研究では、座る時間を30分ごとに区切ればリスクが下がると考えられていたが、今回の研究ではその傾向がみられなかった。座るのをやめること自体ではなく、その機会に体を動かすことに意味があるとの結論に達したという。

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【健康】「座る代わりに軽い運動」で早死にのリスク低減 米研究
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【健康】「座る代わりに軽い運動」で早死にのリスク低減 米研究
    関連検索
    1547651621
    みつを ★ [CNN.co.jp]
    2019/01/17/ 00:13:41 10時間 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  8. 【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4 (1)

    1. 全部見る(ニュース速報+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 人種差別発言で名誉職剥奪
    3. 黒人で遺伝性
    4. 知性

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    プラチナカムイ ★(発起人)

    CNN.co.jp

    https://www.cnn.co.jp/usa/35131231.html

    DNA研究の米ノーベル賞受賞者、人種差別発言で名誉職剥奪
    2019.01.14 Mon posted at 12:00 JST

    (CNN) DNA研究のパイオニアとしてノーベル賞を受賞した米科学者のジェームズ・ワトソン氏(90)が、人種差別的な発言を繰り返したとして、かつて自らが所長を務めていた研究所の名誉職を剥奪(はくだつ)された。

    ワトソン氏は1950年代、フランシス・クリック氏と共同で、DNAの二重らせん構造を発見した人物。今月2日に放送されたPBSのドキュメンタリーの中で、白人と黒人の知能検査では、遺伝子に起因する知性の差が出ると発言した。

    ワトソン氏が1968年から93年まで所長を務めた米ニューヨークのコールド・スプリング・ハーバー研究所(CSHL)は、この発言を「事実無根の見境ない個人的意見」と位置付け、「科学的な裏付けを欠く非難すべき」発言と形容。「偏見の正当化を目的とした科学の不正利用」だとして非難した。

    ワトソン氏は2007年の英紙サンデー・タイムズでも、「アフリカの展望については本質的に悲観的」な見解を持っていると述べ、「我々の社会政策は、彼らの知性が我々と同じだという事実に基づいている。だがそうでもないことが、あらゆるテストで示されている」と主張。誰もが平等であることは望ましいが、「黒人従業員を相手にしなければならない人たちには、それが真実ではないことが分かっている」と言い放っていた。
    この発言をきっかけにCSHLはワトソン氏の役職を解いたものの、これまで名誉職は維持していた。

    同氏は2007年の発言について謝罪したものの、今回のPBSのドキュメンタリーでは、自身の見解は変わらないと述べていた。

    同氏は過去にも問題発言を連発し、1997年のサンデー・テレグラフ紙では、胎児に同性愛の遺伝子が見つかった場合などは、人工妊娠中絶を認めるべきだと語っていた。

    科学者のジェームズ・ワトソン氏。コールド・スプリング・ハーバー研究所が同氏の名誉職をはく奪した/Getty Images
    https://www.cnn.co.jp/storage/2019/01/14/00ab67863830d62db6e9425085775a4c/t/768/432/d/james-watson-dna-horizontal.jpg

    ★1のたった時間
    2019/01/14(月) 21:04:44.31

    前スレ
    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547479570/

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【差別】DNA研究の米ノーベル賞受賞者ワトソン氏(90)、人種差別発言で名誉職剥奪 「白人と黒人で遺伝性の知性の差」 ★4
    関連検索
    1547497955

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20