八ッ場ダム 政治ニュース+ ☎ヘッドライン 勢い P1 - ネットの反応 渡部ヘッドライン 急上昇20 大好きなカテゴリー

政治ニュース+ 板(P1)

  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順
  1. <<
  2. P1
設定 : 作成中

◆ リンク先
1. BB2C(iPhone) をリンク する/しない
2. twinkle(iPhone) をリンク する/しない
3. 2ch(本家) をリンク する/しない
4. Mate(android) をリンク する/しない

◆ 情報表示
1. 画像を表示 する/しない
2. 日付を表示 する/しない
3. 勢いを表示 する/しない

八ッ場ダム で絞込中 解除
2019/10/21/ 19:25:27 News HeadLine
  1. 【ネトウヨデマ】安倍応援団が台風19号で「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」と失笑デマ! 安倍政権は治水予算を大幅減額 (1)

    1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. ネトウヨデマ
    3. 八ッ場ダム
    4. 安倍応援団

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    クロ ★(発起人)

    lite-ra/2019

     各地で大規模な水害をもたらしている台風19号。その混乱に乗じて、今回もネット上ではフェイクが飛び交っている。そのひとつが、群馬県長野原町の八ッ場ダムをめぐる「安倍首相が建設を再開してくれたから利根川氾濫を防げた」なるデマだ。

     どういうことか。八ッ場ダムは来春の運用に向けて10月1日から試験湛水を行っていたのだが、3~4カ月で水位を最高まで上昇させる予定が、台風の記録的豪雨によって13日にはほぼ満水となった。その満水の画像がTwitterで拡散され、「下流の利根川が氾濫しなかったのは八ッ場ダムのおかげ」なる称賛の声が相次いでいるわけだが、そのなかでまたぞろ、民主党をバッシングし安倍政権を礼賛するこんな言説が巻き起こっているのである。

    〈八ッ場ダム、一晩でこれだけ溜まったのか。 民主党が差し止めてなかったらすでに試験湛水は終わってた。今回の台風前になんとか間に合ったのは、安倍内閣がちゃんと予算をつけたおかげだ。〉
    〈民主党が反対してた八ツ場ダムがなかったらもう利根川は氾濫してたやろなぁ〉
    〈八ツ場ダムって民主党が潰そうとしてたやつかヌゥ…… あの時中止にしてたら、民主党の望み通り東京が壊滅してたかも知れんとか怖……〉
    〈民主党政権が崩壊し、安倍政権で自民が政権を奪還してなければ、八ツ場ダムが今回の降雨を受け止めることはできなかったわけだ。ほんと、民主党のおかげで、また災害を増やすところだった。〉

     今回、八ッ場ダムの試験湛水が河川の氾濫防止にどれだけ寄与したかについては、専門家による科学的な分析と検証を待たなければならないが、いずれにしても、「民主党が無くそうとした八ツ場ダムを復活させた安倍政権のおかげ」なる言説は事実無根のデマである。

     そもそも、八ッ場ダムは旧民主党政権時代に建設中止になっていない。たしかに八ッ場ダム建設をめぐっては、計画により水没する地域から大きな反対の声があがっており、民主党は2009年の総選挙で「時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す」と宣言、そのひとつとして「八ッ場ダム中止」を掲げていた。実際、当時の八ッ場ダムは計画が50年以上経ってもなお未完成であり、“超高額の無駄遣い公共事業”の代名詞となっていた。しかし、その後、民主党政権下での再検証を経て、野田内閣が2011年12月に建設再開を決めた。つまり、「安倍自民党の政権交代によって八ッ場ダムは復活した」というのは、明確に事実と異なるのである。

     だいたい、八ッ場ダムを持ち出すこと自体、旧民主党叩きが目的の“為にする批判”としか言いようがない。繰り返すが、八ッ場ダム建設計画をめぐって国がダム調査を開始したのは1950年代のこと。そこから、中曽根内閣の1986年にやっと基本計画(約2110億円、2000年度完成予定)がつくられたが遅々として進まず、何度も計画を変更してきたという経緯がある。福田康夫内閣の2008年にも2015年度完成予定に変更しており、最終的な事業費は当初の2倍以上にも膨らんだ。

     ようするに、八ッ場ダム計画は、自民党を中心とする歴代政権下でずっと難航していた案件だったのだ。それを“旧民主党ディス”のために、さも安倍政権が建設再開を決定したかのような虚偽を垂れ流すのは、どう考えても悪質なネトウヨデマと断じざるを得ないだろう。

     しかも、今回の水害をめぐる“旧民主党ディス”のデマは八ッ場ダムだけではない。またぞろ「民主党がスーパー堤防を事業仕分けしなければ災害は防げた」なるネトウヨ定番のデマが流布しているのだ。

    2につづく

    LITERA
    2019.10.16 11:40
    https://lite-ra.com/2019/10/post-5029.html

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【ネトウヨデマ】安倍応援団が台風19号で「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」と失笑デマ! 安倍政権は治水予算を大幅減額
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【ネトウヨデマ】安倍応援団が台風19号で「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」と失笑デマ! 安倍政権は治水予算を大幅減額
    関連検索
    1571194980
    クロ ★ [lite-ra/2019]
    2019/10/16/ 12:03:00 5日 ニュースを見るBB2CTinkle2chMate実況草
  2. 【ネトウヨがダム礼賛】八ッ場ダム、スーパー堤防 幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論 へそで茶を沸かす「八ッ場ダム無双」論 (1)

    1. 全部見る(政治ニュース+ 板)
    2. 勢い順
    3. 新着順
    1. もっと探す
    2. 八ッ場ダム無双
    3. スーパー堤防
    4. 防災・治水

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    クロ ★(発起人)

    ハーバービジネスオンライ

    ■「八ッ場ダムは素晴らしい、ガンダムだ」という幼稚な翼賛デマゴギー

     関東地方直撃から一夜明けて13日になると各地で深刻な水害と被害が明らかになり始めました。災害は、とくに夜間に起きた場合被害の深刻な場所からの情報が発信されにくくなり、夜が明けるまで被害状況が分かりません。

     13日朝の時点で関東甲信越、奥州での甚大な水害被害が明らかとなり、「ダムに感謝」などと言うお気楽な言説は通用しなくなり始めました。そこに美味しいネタが転がり込みました。

     八ッ場ダムは、この10月に試験湛水(たんすい)をはじめ、38mの水位になった時点で台風19号の影響で大雨となり、13日朝までに347ミリの雨で54m水位が一挙に上がり、満水位から10mを残すまでになったと報じられました。本来は三ヶ月かける湛水が1日半で満水位近くまでなされたことになります。

     記事そのものはどうと言うことも内容ですが、「ダムスキー・デマゴーグ」達は早速これに飛びつき、暴虐の限り暴れ回りました。八ッ場ダムは無敵だの八ッ場ダムに感謝しろだの、しまいには八ッ場ダムはガンダムだとまで言いつのる始末、その余勢でダム懐疑派の市民団体や市民へ集団ストーカー行為まで行っています。

     この記録は、八ッ場ダムがガンダム無双を意味するのでしょうか。

    ■へそで茶を沸かす「八ッ場ダム無双」論

     結論は正反対、八ッ場ダムの投資効果の著しい低さと脆弱性を意味しています。ガンダムどころか宇宙に放り出された丸裸のフルチン兵隊です。

     今回は試験湛水中で精々38mの水位でしたが、それが1日半で満水位寸前まで水位が上昇すると言うことは、八ッ場ダムは集水面積に比して貯水能力が著しく不足していることを意味します。

     今回も仮に通常水位で事前に水位を下げていたとしても多目的ダムである為に水位低下には限りがあります。その状態ですと、今回の豪雨では短時間でただし書き操作に追い込まれた可能性があります。

     また利根川水系における八ッ場ダムの治水寄与は中流で10~15cm程度、下流では5cm程度であることはよく知られており、今回八ッ場ダムの治水効果が最大限発揮されたとしても全く意味がありません。利根川は、既存の治水設備、施設によって氾濫を起こした栗橋近辺(渡良瀬川合流点)以外は1m程度の余裕がありました。栗橋近辺の氾濫については、八ッ場ダムがあっても無くても無関係とされています*し、実際、氾濫してしまっています。
    <*但し、正確には今後の分析が待たれる>

     そもそも論として、きわめてパラメータ(変数:ここでは条件のこと)が多い治山治水において、現在進行中の洪水に対して翌日には「八ッ場ダム無双」などと言い出すのは、たんなる「夢想」であって、「へそで茶を沸かす」ことです。

     しかも八ッ場ダムが試験湛水開始直後であったのは偶然、「たまたま」です。これは福島核災害において「たまたま」工期遅れで四号炉のピットが満水で、「たまたま」ピットのハッチが壊れ、四号炉使用済核燃料プールに水が流れ込み、露天でのジルコニウム火災が起きなかったという奇跡と変わりません。この四号炉の奇跡は、合衆国が最も恐れた四号炉使用済核燃料プール溶融による東日本の居住不能化を阻止した僥倖(ぎょうこう)と言うべき奇跡でした。

     ダムスキー・デマゴーグのいう八ッ場ダム無双論は、単なる偶然にただ乗りしたデマゴギーです。余りにもビジュアルに影響されやすくチョロすぎます。そして八ッ場ダムで今回行われたことは、ダム建設、運用において世界的にきわめて重要とされる教訓を無視しています。

    2につづく

    ハーバービジネスオンライン
    2019.10.17
    https://hbol.jp/204240

    ネットの反応を見る 続きを見る 最新10を見る
    【ネトウヨがダム礼賛】八ッ場ダム、スーパー堤防 幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論 へそで茶を沸かす「八ッ場ダム無双」論
    ツッコミを入れる↑
    いろいろな情報が時々刻々と集まってきます。
    お探しの流出・炎上・画像・動画・名前・住所・痴漢・逮捕・続報・・

    【ネトウヨがダム礼賛】八ッ場ダム、スーパー堤防 幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論 へそで茶を沸かす「八ッ場ダム無双」論
    関連検索
    1571299254

  1. <<
  2. P1
  1. 普通順
  2. 新着順
  3. 勢い順


もっと熱い
急上昇キーワード20